サークルライン観光クルーゼズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハーレム川を行くサークルライン観光クルーゼズの船

サークルライン観光クルーゼズ(さーくるらいんかんこうクルーゼズ、英語: Circle Line Sightseeing Cruises)はニューヨークで観光クルーズを運営する会社で、マンハッタンの42番街の西端に当たるヘルズ・キッチン83埠頭から出発する。

短史[編集]

船でマンハッタン島一周は1905年にハーレム・シップ運河が完成して可能になった。最初の一周定期クルーズは1908から始まっている。

1945年にはいくつかの会社を合併して、 サークルライン観光クルーゼズ社が作られて、このころはバッテリー・パークから出発していた。1955年には、現在の83埠頭から出発するようになった。

1981年、サークルラインは2つに分かれて、サークルライン42番街とサークルライン・ダウンタウン(Circle Line Downtown)となり、後者はバッテリー・パークから出船して、エリス島リバティ島へ観光などをしていたが、2008年にこうした島への観光のライセンスを失って(ライセンスはカリフォルニア州に本社があるホーンブロワー・クルーゼズのスタッチュー・クルーゼズLiberty Cruises子会社へ渡った)、同年ニューヨーク・ウォーター・タクシー(New York Water Taxi)に買収された。

2017年1月、サークルラインはニューヨーク・ウォーター・タクシーを買収している。

様々なクルーズ[編集]

現在8隻の船があり [1]、次のような様々なクルーズから選べる。

  • Full Island Cruise - マンハッタン島一周
42番街の西端のハドソン川添いにある83埠頭を出て、マンハッタン島を二時間半で時計回りに一周する。まず船は南に行き、対岸はニュージャージー州で、島の南端のウォール街バッテリーパークあたりでスタテン島フェリーの間を縫って進み、沖の島にあるエリス島と「自由の女神」を眺めて、島の東側のイースト川に入る。ブルックリン橋の下を通って北へ進み、国連本部ビルなどを眺めてから、ハーレム川ハーレム川運河を経てハドソン川に入る。ここからハドソン川を下り、ジョージ・ワシントン・ブリッジの下を通り、もとの埠頭へ戻る。 [2]
  • Semi Circle Cruise - マンハッタン島を半周して、景色を行き帰りに2回見ることになる
  • Liberty Cruise - 自由の女神エリス島を眺める
  • Harbor Lights Cruise - 日没時に半周クルーズ
  • The BEAST Speedboat Ride - ニューヨーク初の高速艇(最高45mph)でハドソン川と自由の女神を眺める

  • Special Events Cruises - サンタ・クルーズ、新年クルーズ、など
  • Kids Cruises - 子供向けのクルーズ
  • Private Charters - チャーター
  • Groups - グループ

余話[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]