サン写真新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サン写真新聞(サンしゃしんしんぶん)は、日本初のタブロイドサイズの夕刊専売新聞として1946年に創刊した新聞である[1]

当時の新聞は太平洋戦争発生以後規制されていた夕刊が再開したものの、当時は政府当局の指導もあり製紙事情から既存新聞の増ページが認められなかったので、実質上既存新聞社は夕刊の発行ができなかった。そのため、既存新聞社はダミー子会社を設立して新興夕刊専売紙を発行したが、サン写真新聞も毎日新聞の系列夕刊紙として発行された。[2]

タイトルが示すとおり、一般全国紙と違うのは写真記事を中心にした構成で、戦後復興を目指そうとする日本の表情を写し出す紙面づくりを目指した。1960年に廃刊されたが[1]その後創刊された夕刊フジ日刊ゲンダイなどの夕刊タブロイド専売紙に大きな影響力を持った。[要出典]

創刊された1946年に、同紙主催の社会人野球大会「サン大会」が創設された。現在のJABA東京スポニチ大会である。[要出典]

なお、当時の紙面を抜粋して掲載した雑誌「サン写真新聞 戦後にっぽん」が1988年1989年に毎日新聞社から発行されている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 長尾浩道 (2013年2月6日). “「サン写真新聞」松本で発見”. 市民タイムス: p. 23 
  2. ^ 『毎日新聞百年史』 毎日新聞社 1972年