サンダース・ロー SR.N1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンダース・ロー SR.N1("Saunders-Roe Nautical 1")は最初の実用的ホバークラフト。国立研究開発社(NRDC)の後援を受けて、クリストファー・コッカレルが設計し、ワイト島サンダース・ロー社が製造した。

概要[編集]

SRN1 一般配置図

SR.N1は、アルヴィス レオニデス(Alvis Leonides空冷星形エンジン 1基によりリフトファンを駆動し、推進用としてはダクテッドファンを使用した。初航行は1959年6月11日で、招待されたマスコミの前で、水上・陸上どちらでも移動能力があることを示した。

1959年7月25日、ルイ・ブレリオドーバー海峡横断飛行50周年を記念して、SR.N1はカレーからドーバーまで海峡を横断した。所要時間は2時間強であった。パイロットとナビゲーターに加え、設計者であるコッカレルも乗り込んだ[1]

1961年には柔軟性のあるスカートが追加されたが、これによりエア・クッションの有効高さが大幅に増加した。さらにチュルボメカ マルボレターボジェットエンジンが装備され、推進力の増強が図られた。1962年にはマルボレに代えて2倍の推力を持つブルストル・シドレー ヴァイパー IIIターボジェットエンジンがリフトファンの後部に追加装備され、ピストンエンジンのダクテッド・ファンによる推進力を増強した。これにより、最高速度は当初の35ノットから50ノットに増加した。

SR.N1は、現在ロートン(Wroughton)の科学博物館(The Science Museum at Wroughton)に展示されている[2]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]