サロモン・ファン・ロイスダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サロモン・ファン・ロイスダール
Salomon van Ruisdael Deventer.jpg
サロモン・ファン・ロイスダール画『北西から見たデフェンテルの眺望』
ナショナル・ギャラリー (ロンドン)
生誕 1602年
死没 1670年11月3日
ハールレム

サロモン・ファン・ロイスダール (本名:サロモン・デ・ホーイエル、Salomon van Ruysdael, 1602年 - 1670年11月3日)は、オランダ画家。近年のオランダ語の発音ではラウスダールと表記される。兄のイサーク・ファン・ロイスダールも同じく風景画家。

生涯[編集]

ホーイラント地方ナールデンで生まれる。画家であり著述家のアルノルト・ホウブラーケンによると、彼の父親は建具師で、特にコクタンで鏡の縁取りや額縁を作っていた[1]

ハールレムで没した。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Jakob Ruisdaal biography in De groote schouburgh der Nederlantsche konstschilders en schilderessen (1718) by w:Arnold Houbraken, courtesy of the w:Digital library for Dutch literature