サラ・フォレスティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サラ・フォレスティエ
Sara Forestier
Sara Forestier
本名 Sara Forestier
生年月日 (1986-10-04) 1986年10月4日(31歳)
出生地 フランスの旗 フランス
国籍 フランスの旗 フランス
職業 女優
ジャンル 映画テレビ
活動期間 2001 - 現在

サラ・フォレスティエフランス語: Sara Forestier1986年10月4日 - )は、パリにて在住のフランス女優。 2001年より映画キャリアを開始、『Games of Love and Chance』(2003年)でセザール賞有望若手女優賞を受賞。2011年、『戦争より愛のカンケイ』(2010年)でセザール賞主演女優賞を受賞した。

来歴[編集]

フランスにて誕生した、子供の頃より文章を書くことや絵を描くのが好きだった彼女は13歳半の時[1]、友人の一人とともに映画のオーディションを受けた。2001年、映画『Les Fantômes de Louba』においてマイナーな役柄で女優デビュー。それと並行して16歳の時、学校を退学した。

2003年、パリ郊外における移民絡みを扱った映画『L'Esquive』 (en:Games of Love and Chance)に出演し、彼女は、第30回セザール賞有望若手女優賞を受賞した。2005年、ミシェル・ドヴィル監督によるロマンティックコメディ映画『恋は足手まとい』にヴィヴィアヌ役で出演、同年、ベルトラン・ブリエ監督の作品『ダニエラという女』においてはミュゲ役で出演した。2006年、フランス、イタリアの合作であるアクション映画『カウントダウン9.11』にオルランド役で出演。2009年、 アラン・レネ監督の映画『風にそよぐ』ではジョージズとスザンヌの娘であるエロディ役で出演した。2010年には、フランス・ギャル役で映画『ゲンスブールと女たち』に出演している。

2011年、2010年の映画『戦争より愛のカンケイ』 (Le Nom des gens)において政治活動家であるバヤ役を演じて、第36回セザール賞主演女優賞を受賞した。

主な出演作品[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sara Forestier Biography”. imdb. 2012年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]