サミュエル・ポプキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サミュエル・ポプキン(Samuel L. Popkin、1942年6月9日 - )は、アメリカ政治学者カリフォルニア大学サンディエゴ校政治学部教授。専門は、比較政治学投票行動論。

1969年、マサチューセッツ工科大学博士号取得。エール大学講師ハーバード大学教授テキサス大学オースティン校准教授を経て、1991年から現職。

著書[編集]

  • The rational peasant: the political economy of rural society in Vietnam, University of California Press, 1979.
  • The reasoning voter: communication and persuasion in presidential campaigns, University of Chicago Press, 1991.
  • The candidate: what it takes to win, and hold, the White House, Oxford University Press, 2012.

共著・編著[編集]

  • Candidates, issues and strategies: a computer simulation of the 1960 Presidential Elections, Ithiel de Sola Pool, Robert P. Abelson and Samuel L. Popkin, MIT Press, 1964.
  • Chief of staff: twenty-five years of managing the presidency, edited by Samuel Kernell and Samuel L. Popkin, University of California Press, 1986.
大統領首席補佐官――ホワイトハウス政治の実像』、徳田太司訳、東洋経済新報社、1988年
  • Elements of reason: cognition, choice, and the bounds of rationality, edited by Arthur Lupia, Mathew D. McCubbins, Samuel L. Popkin, Cambridge University Press, 2000.
  • 『政治空間の変容と政策革新(5巻)メディアが変える政治』、サミュエル・ポプキン、蒲島郁夫谷口将紀編、東京大学出版会、2008年