サミュエル・ゴールドウィン・Jr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サミュエル・ゴールドウィン・Jr
Samuel Goldwyn Jr.
本名 Samuel John Goldwyn Jr.
生年月日 (1926-09-07) 1926年9月7日
没年月日 (2015-01-09) 2015年1月9日(88歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 プロデューサー
活動期間 1958年 - 2015年
配偶者 ジェニファー・ハワード英語版
(1950-1968)
ペギー・エリオット
(1969-2005)
パトリシア・ストラウン
(2010-2015)
著名な家族 フランシズ・ハワード英語版 (母)
サミュエル・ゴールドウィン (父)
トニー・ゴールドウィン (息子)
ジョン・ゴールドウィン英語版 (息子)

サミュエル・ジョン・ゴールドウィン・JrSamuel John Goldwyn Jr., 1926年9月7日 - 2015年1月9日)は、アメリカ合衆国の映画プロデューサーである。

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれる。母は女優のフランシズ・ハワード英語版、父は同じく映画プロデューサーで映画界のパイオニアであるサミュエル・ゴールドウィンである。コロラド州コロラドスプリングスファウンテン・バレー・スクール英語版バージニア大学に通った。

キャリア[編集]

第二次世界大戦アメリカ陸軍に従事した後、ロンドンで演劇プロデューサーとなり、さらにニューヨークでCBSエドワード・R・マローの下で働いた[1]。その後彼は父の足跡を辿って映画製作会社のフォーモサ・プロダクションズ、サミュエル・ゴールドウィン・カンパニー英語版サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズ英語版を設立した[2]

私生活[編集]

1950年にゴールドウィンは作家・脚本家のシドニー・ハワード英語版の娘で女優のジェニファー・ハワード英語版と結婚した。夫婦は俳優となるトニーやプロデューサーとなるジョン英語版を含む4人の子を儲けたが、1968年に離婚した。翌1969年、ゴールドウィンは2人の連れ子を持つペギー・エリオットと再婚した。ゴールドウィンは2005年に離婚し、2010年に3人目の妻となるパトリシア・ストラウンと結婚した[1]

死去[編集]

2015年1月9日、ゴールドウィンはカリフォルニア州ロサンゼルスのシダーズ=シナイ・メディカル・センター英語版にて心不全のために死去。88歳[3]

主なフィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Samuel Goldwyn Jr., Hollywood Scion, Dies at 88”. The New York Times (2015年1月9日). 2015年1月10日閲覧。
  2. ^ Samuel Goldwyn Jr. Dies at 88”. Variety. Penske Media Corporation (2015年1月9日). 2015年1月10日閲覧。
  3. ^ Samuel Goldwyn Jr Dead; Producer, Executive & Son Of Movie Mogul Was 88”. Deadline.com (2015年1月9日). 2015年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]