サマービル (サウスカロライナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サマービル
—    —
Town of Summerville, South Carolina
標語:Sacra Pinus Esto(ラテン語「松は神聖である」)
サウスカロライナ州に置けるサマービル町の位置
座標: 北緯33度0分29秒 西経80度10分58秒 / 北緯33.00806度 西経80.18278度 / 33.00806; -80.18278
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サウスカロライナ州の旗 サウスカロライナ州
ドーチェスター郡バークレー郡チャールストン郡
行政
 - 市長 ウィリー・ジョンソン
面積
 - 計 18.1mi2 (47.0km2)
 - 陸地 18mi2 (46.7km2)
 - 水面 0.1mi2 (0.3km2)
標高 89ft (27m)
人口 (2010年国勢調査)
 - 計 43,392人
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
 - 夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
郵便番号 29483-29485
市外局番 843
FIPS code 45-70270[1]
GNIS feature ID 1251073[2]
ウェブサイト www.summerville.sc.us

サマービル: Summerville) は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州南東部のドーチェスター郡に大部分があり、小部分がバークレー郡チャールストン郡にも跨るである。チャールストンノースチャールストン・サマービル大都市圏に属している。2010年国勢調査での人口は43,392 人だった[3]。2014年7月1日時点の推計人口は46,974人だった[4]

歴史[編集]

サマービルの歴史ある中心街

サマービルに最初の入植があったのは、アメリカ独立戦争の後のことだった。1785年にはパインランド・ビレッジと呼ばれていた。チャールストン地域に住んでいたプランテーション所有者が、季節による昆虫や湿地の暑さを避けるためにサマービルに来るようになり、地域の発展が始まった[5]

サマービルは1847年に公式の町になった。同年、町は特定の大きさの松の木を伐採することを違法とする法を成立させた。このような法は国内でも初のものであり、許可なく松の木を伐採した者には25ドルの罰金が科された。現在の町の公章の上部には"Sacra Pinus Esto "(ラテン語「松は神聖である」)というモットーが記されている[6]

1899年、国際医学会(あるいは「結核会議」[5])が、肺と咽喉の疾病の治療と快復について、世界でも特に適した場所2か所の1つにサマービルを挙げた。乾燥して砂の多い土地であり、多くの松の木が空中にテレピン油派生物を放出しているということからこのような指名を受けた。このことはサマービルの商業と住宅地区開発に役立っていると言われている[6]

サマービル町内ではアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されている建造物として、アシュリー川道路(サウスカロライナ州道61号線)、ミドルトン・プレース(プランテーション)、植民地時代ドーチェスター州立史跡、旧ホワイト集会所遺跡と墓地、サマービル歴史地区がある[7]

地理[編集]

サマービルの中心はドーチェスター郡南東部にある。町の北東部はバークレー郡とチャールストン郡に入っている。町の東はリンカーンビル町、南東はノースチャールストン市の接している。町域の南はアシュリー川まで伸び、旧ドーチェスター砦州立公園に接している。

アメリカ国道78号線がサマービル町の中心近くを通っており、南東に24マイル (39 km) でチャールストン市中心街、北西29マイル (47 km) のセントジョージ町で州間高速道路95号線に接続する。州間高速道路26号線はサマービルの北東隅を通り、出口第199でアクセスできる。その南東はチャールストン市、北西は90マイル (140 km) で州都コロンビア市に至る。

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、町域全面積は18.1平方マイル (47.0 km2)であり、このうち陸地18.0平方マイル (46.7 km2)、水域は0.12平方マイル (0.3 km2)で水域率は0.62%である[3]

人口動態[編集]

人口推移
人口
1880 1,371
1890 2,219 61.9%
1900 2,420 9.1%
1910 2,355 −2.7%
1920 2,550 8.3%
1930 2,579 1.1%
1940 3,023 17.2%
1950 3,312 9.6%
1960 3,633 9.7%
1970 3,839 5.7%
1980 6,492 69.1%
1990 22,519 246.9%
2000 27,752 23.2%
2010 43,392 56.4%
2014(推計) 46,974 [4] 8.3%
U.S. Decennial Census

以下は2010年国勢調査による人口統計データである[1]

基礎データ

  • 人口: 43,392 人
  • 世帯数: 16,181 世帯
  • 人口密度: 928.5人/km2(2,404.7 人/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 27.0%
  • 65歳以上: 10.5%
  • 年齢の中央値: 35歳

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 38.6%
  • 結婚・同居している夫婦: 48.9%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 15.4%
  • 非家族世帯: 31.0%
  • 単身世帯: 25.3%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 8.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.55人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
  • 貧困線以下
    • 対人口: 11.2%
  • 持ち家価格の中央値: 182,000米ドル

サマービルはチャールストン市やノースチャールストン市に比べて手ごろな価格の住宅が豊富にあり、税金も安いので、急速に人口が増加している。2007年、チャールストン・ノースチャールストン・サマービル大都市圏の主要自治体に指定された[8]。また、チャールストン・ノースチャールストン都市化地域にも属している。ドーチェスター郡第2教育学区がサマービル町のための教育学区であり、町を中心にさらに広い領域を管轄している。

観光[編集]

1973年からサマービルではフラワータウン祭を毎年開催している。サウスカロライナ州でも最大の芸術と工芸の祭である。サマービル・アザレア公園で、毎年4月第1週末に開催される。1925年、サマービル商工会議所は「松林にある花の町」をスローガンに採用した。

気候[編集]

サマービル(空港、1981年–2010年平均)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °F (°C) 59.0
(15)
62.8
(17.1)
69.6
(20.9)
76.5
(24.7)
83.2
(28.4)
88.4
(31.3)
91.1
(32.8)
89.6
(32)
84.9
(29.4)
77.1
(25.1)
69.8
(21)
61.6
(16.4)
76.1
(24.5)
平均最低気温 °F (°C) 38.1
(3.4)
41.2
(5.1)
47.2
(8.4)
53.8
(12.1)
62.4
(16.9)
70.2
(21.2)
73.6
(23.1)
72.9
(22.7)
67.8
(19.9)
57.3
(14.1)
48.1
(8.9)
40.6
(4.8)
56.1
(13.4)
降水量 inch (mm) 3.70
(94)
2.96
(75.2)
3.71
(94.2)
2.91
(73.9)
3.02
(76.7)
5.64
(143.3)
6.52
(165.6)
7.15
(181.6)
6.10
(154.9)
3.75
(95.3)
2.43
(61.7)
3.11
(79)
50.99
(1,295.1)
降雪量 inch (cm) 0.1
(0.3)
0.2
(0.5)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0.3
(0.8)
0.6
(1.5)
平均降水日数 (≥ 0.01 in) 9.5 8.6 7.9 7.7 7.8 11.9 13.0 13.2 10.0 7.3 7.0 8.7 112.6
平均降雪日数 (≥ 0.1 in) 0.1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.2 0.4
平均月間日照時間 179.8 189.3 244.9 276.0 294.5 279.0 288.3 257.3 219.0 223.2 189.0 170.5 2,810.8
出典: NOAA,[9] HKO (sun only, 1961–1990)[10]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  2. ^ US Board on Geographic Names”. United States Geological Survey (2007年10月25日). 2008年1月31日閲覧。
  3. ^ a b Geographic Identifiers: 2010 Demographic Profile Data (G001): Summerville town, South Carolina”. U.S. Census Bureau, American Factfinder. 2014年4月7日閲覧。
  4. ^ a b Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places: April 1, 2010 to July 1, 2014”. 2015年6月4日閲覧。
  5. ^ a b Historic Facts About Summerville & Dorchester County, http://www.visitsummerville.com/html/historicfacts.html 
  6. ^ a b Summerville's Book of History, http://www.summerville.sc.us 
  7. ^ National Park Service (2009-03-13). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 
  8. ^ Update of Statistical Area Definitions and Guidance on Their Uses (OMB Bulletin 08 - 01) (PDF)”. Office of Management and Budget, Executive Office of the President of the United States (2007年11月20日). 2008年11月19日閲覧。
  9. ^ NowData – NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年2月12日閲覧。
  10. ^ Climatological Normals of Charleston, South Carolina”. Hong Kong Observatory. 2010年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]