サビニョ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サビニョ山
Mount Sabyinyo
Sabyinyo.jpg
標高 3,669 m
所在地 コンゴ民主共和国ルワンダウガンダ国境
位置 南緯01度24分00秒 東経29度36分00秒 / 南緯1.40000度 東経29.60000度 / -1.40000; 29.60000座標: 南緯01度24分00秒 東経29度36分00秒 / 南緯1.40000度 東経29.60000度 / -1.40000; 29.60000
山系 ヴィルンガ山地
種類 成層火山
最新噴火 更新世
サビニョ山の位置(ルワンダ内)
サビニョ山
サビニョ山
サビニョ山 (ルワンダ)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

サビニョ山(サビニョさん、: Mount Sabyinyo)は、アフリカ大地溝帯ヴィルンガ山地に属する成層火山である。山の名前となっている「サビニョ」はルワンダ語で「」を意味する "Iryinyo" または "Sabyinyo" に由来している。その鋸歯状の山頂が摩耗した歯のように見えることから、地元民からは「老人の歯」とも呼ばれている[1]

地理[編集]

アフリカ大湖沼の一つであるキブ湖及びヴィルンガ山地の最高峰カリシンビ山の北東、ウガンダブニョニ湖英語版の西に位置し、3,669mの山頂(第3ピーク)はウガンダルワンダ及びコンゴ民主共和国三国国境の交差点上にある。山は各国によって設立された隣接する国立公園内にあり、それぞれウガンダのムガヒンガ・ゴリラ国立公園、ルワンダの火山国立公園、コンゴ民主共和国のヴィルンガ国立公園となっている。また、山の裾野はマウンテンゴリラの生息地となっている。

火山活動[編集]

山地内に隣接する火山の円錐形の山頂とは対照的に、大規模な侵食を受けた影響で5つのピークが形成されている。カリウム-アルゴン法の測定により更新世の104万年前と90万年前の溶岩流が発見されているが、完新世以降に活動している形跡はない[2]


関連項目[編集]

脚注[編集]