サウロスクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サウロスクス Saurosuchus
Saurosuchus galilei
Saurosuchus galilei
地質時代
三畳紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
階級なし :  偽鰐類 Pseudosuchia
: ラウスキア目 Rauisuchia
: プレストスクス科 Prestosuchidae
: サウロスクス属 Saurosuchus
学名
Saurosuchus
Reig, 1959
  • S. galilei reig, 1959

サウロスクス (Saurosuchus) は、三畳紀後期の南米に生息していた大型の爬虫類。学名の意味は「トカゲワニ」。当時の生態系の頂点に立つ強力な捕食者だったと考えられる。

概要[編集]

サウロスクスの完全標本は見つかっていないが、体長は6から9メートル (20から30ft)と推定されている[1][2]。頭から尻尾まで背甲が覆っている[3]

復元図

基準種のS. galileiアルゼンチンのイスチグアラスト層から発見された骨格に基づき1959年に命名された。このホロタイプ標本は完全な頭蓋骨と胴椎、背甲、骨盤が含まれている。それ以外の骨(肋骨、頸椎、尾椎、肩胛骨)は他の標本で明らかにされた[1][3]。2002年にアリゾナ州でもサウロスクス属の化石が見つかったと報告された[4]

系統[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Alcober, O. (2000). “Redescription of the skull of Saurosuchus galilei (Archosauria: Rauisuchidae)”. Journal of Vertebrate Paleontology 20 (2): 302–316. doi:10.1671/0272-4634(2000)020[0302:ROTSOS]2.0.CO;2. 
  2. ^ Sill, W.D. (1974). “The anatomy of Saurosuchus galilei and the relationships of the rauisuchid thecodonts”. Bulletin of the Museum of Comparative Zoology 146: 317–362. http://biostor.org/cache/pdf/6e/3f/13/6e3f139e3574b9bb934fd5868d73a9b5.pdf. 
  3. ^ a b Trotteyn, M.J.; Desojo, J.; Alcober, O. (2011). “Nuevo material postcraneano de Saurosuchus galilei (Archosauria: Crurotarsi) del Triásico Superior del centro-oeste de Argentina”. Ameghiniana 48 (1): 13–27. doi:10.5710/amgh.v48i1(265). 
  4. ^ Heckert, A.B.; Lucas, S.G.; Krzyzanowski, S.E. (2002). “The rauisuchian archosaur Saurosuchus from the Upper Triassic Chinle Group, Southwestern U.S.A., and its biochronological significance”. In Heckert, A.B.; and Lucas, S.G. (eds.). Upper Triassic Stratigraphy and Paleontology. 21. New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin. pp. 241–247. http://libres.uncg.edu/ir/asu/f/Heckert_A_2002_21_The_rauisuchian_archosaur%20.pdf. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]