クルロタルシ類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クルロタルシ類
Crurotarsi
生息年代: 三畳紀–現世
Crocodylus mindorensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Sauropsida
亜綱 : 双弓類 Diapsida
下綱 : 主竜様類 Archosauromorpha
階級なし : クルロタルシ類 Crurotarsi
学名
Crurotarsi
Sereno & Arcucci, 1990
和名
腿跗類
下位分類

クルロタルシ類(Crurotarsi)あるいは腿跗類[1] (たいふるい[1]) は、主竜形類に属する爬虫類の一群である。

概要[編集]

植竜類主竜類に分けられる[1]。主竜類は更に鰐類を含む偽鰐類と、鳥類を含む鳥頸類に分けられる[1]

クルロタルシ類は三畳紀において大いに繁栄しており、多くの系統を輩出した多様性を誇り、陸上生態系において支配的地位にあった。しかし、三畳紀末期の大量絶滅で大打撃を受け多くの種が絶滅し、恐竜にその地位を譲ることになる。三畳紀末期を生き残ったワニ類はジュラ紀白亜紀においてかなりの多様性をもったが、恐竜や翼竜を絶滅させた白亜紀末期の大量絶滅で打撃を受け、多様性は減少した。その後、新生代でもワニ類はある程度の繁栄と多様性を取り戻したが、寒冷化などの地球環境の変化を受け、現生の半水生の種だけが生き残っている。

現生の主竜類は、偽鰐類では鰐類、鳥頸類では鳥類のみである。

分類[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d パーカー 2020, p. 228.

参考文献[編集]

  • パーカー, スティーヴ 著、日暮雅道・中川泉 訳、養老孟司 日本語版監修 編 『生物の進化大事典』三省堂、2020年6月9日、228頁。ISBN 978-4385162409