サウスフィールズ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウスフィールズ駅
Southfields station
Southfields station building.JPG
位置
所在地

サウスフィールズ SW18 5RL

北緯51度26分41.89秒 西経0度12分25.34秒 / 北緯51.4449694度 西経0.2070389度 / 51.4449694; -0.2070389
行政区 ウォンズワース・ロンドン特別区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
路線 ディストリクト線
駅構造 地上駅
ホーム数 2
ゾーン 3
地下鉄年間乗降員数
2005年 4.986百万人[1]
2007年 5.741百万人[1]
歴史
1889年 (1889)
1941年
開業(MDRとL&SWR)
廃止(SR)

サウスフィールズ駅(‐えき、Southfields station)はロンドンウォンズワース区にあるロンドン地下鉄の駅である。

ディストリクト線のウィンブルドン支線にある地上駅。トラベルカードゾーンは3

世界的に有名なテニスのウィンブルドン選手権が開催されるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブの最寄り駅である。なお、距離的には南隣のウィンブルドン・パーク駅の方が近いが、実際に会場まで歩く距離はこちらのほうが短い。

構造[編集]

島式ホーム1面2線地上駅。線路の上をウィンブルドン・パーク・ロードとAugustus Road・Replingham Roadとの交差点がまたいでおり、駅舎はこの交差点に面した橋上駅舎となっている。

歴史[編集]

この駅は、1889年6月3日メトロポリタン・ディストリクト鉄道(Metropoltian District Railway、略称MDR、現在のディストリクト線)がパットニー・ブリッジ駅からウィンブルドン駅まで延伸開業した際に、同鉄道により開業した。当駅を含む区間はロンドン&サウスウエスタン鉄道 (L&SWR) によって建設されたもので(つまりMDRは直通運転をしていたことになる)、L&SWRの列車は同年7月1日よりクラパムジャンクション駅から接続駅のイースト・パットニー駅、そして当駅を経由してウィンブルドン駅方面へ運行するようになった(両線の列車が運行されていた)。

当駅を含む、パットニー・ブリッジ駅からウィンブルドン駅までの区間はロンドン地下鉄において蒸気機関車から電車へと転換された最後の区間となった。電車運行は1905年8月27日に開始されている。

サザン鉄道(L&SWRを継承した鉄道会社)による列車の運行は1941年5月4日に終了したが、路線・駅の所有権は1994年4月1日にロンドン地下鉄へ移管されるまで(サザン鉄道をさらに継承した)ナショナル・レールに残っており、移管の時までこの駅はイギリス国鉄の駅であった。

今後[編集]

2012年のロンドンオリンピックのために、ホーム階と駅出入口・切符売場のある階との間にエレベーターを設置する計画がある。建設はまだ始まっていないが、2008年中には新しい切符売場の設計が終わる予定である。 [2]

仮にクロスレール (Crossrail) のチェルシー・ハックニー線Chelsea-Hackney Line、仮称で「2号線」とも)が建設された場合には、同線はサウスフィールズ駅を含むパーソンズ・グリーン駅からウィンブルドン駅の間の区間においてディストリクト線に乗り入れることが想定されている(参照)。その場合には、ディストリクト線の列車とともにクロスレールの列車が運行されるか、ディストリクト線の列車の運行が廃止されて代わりにクロスレールの列車のみが運行されるようになるであろう。

トリビア[編集]

この駅のプラットホームは、毎年ウィンブルドン選手権の時期に、特定の会社の広告によるイメージチェンジを受ける。例えば、2006年には駅のホームはベンチのように赤いフローリングで覆われた。これは、アメリカンエクスプレスがエイズに関するチャリティー活動を支援するためにクレジットカードのキャンペーン広告をしたものである。2005年には、テレビが設置されていたが、これもアメリカンエクスプレスによるものであった。

この駅は隣のウィンブルドン・パーク駅と同じ設計であるが、両駅共に改装されている。サウス・フィールズ駅はウィンブルドン選手権の間の大量の乗降客に対応するために改造されている。駅の階段の左側はレンガ造りの外側に木造で広げられている。階段の左側にある柱は元々は駅の外装の一部であった。また、現在の出入口は切符売り場内にある元々の出入口の西側に開かれ、短い歩道橋が階段の上部から線路をまたいでウィンブルドン・パーク・ロードへと架けられている(かつて歩道橋は閉鎖されて倉庫として利用されたことがあったが、ロンドン地下鉄に移管された後に再び出口として用いられるようになっている。)。

ナショナル・レールからロンドン地下鉄に駅を移管した際、駅の西側(北行き)線路の上層に仮設の切符売り場が建設され、歩道橋の壁が撤去された。この仮設切符売り場および売り場が設置されていた床は現在撤去されているが、現在も土台が残っている。

乗り換え[編集]

サウスフィールド駅からは39系統493系統の2種の系統のバスに乗り換えが可能である。[3]

39系統はクラパムジャンクション駅からウォンズワース、サウスフィールド駅、およびパットニー駅を経由してパットニー・ブリッジ駅に向かう。

493系統はセント・ジョージ病院 (St George's Hospital) からトゥーティング・ブロードウェイ駅Tooting Broadway)、コリアーズ・ウッド駅Colliers Wood)、サウス・ウィンブルドン駅(South Wimbledon)、ウィンブルドン駅オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ、サウスフィールド駅、パトニー・ヒースPutney Heathモルトレイク駅Mortlake)、ノース・シーン駅North Sheen)、リッチモンド・バスステーション (Richmond Bus Station) およびリッチモンド駅Richmond Station)を経由してリッチモンドRichmond, London)に至る。

156系統およびN87系統深夜バスのルートがサウスフィールド駅から5分ほど歩いたMerton Roadを通過している。

また、ウィンブルドン選手権の間の2週間は、サウスフィールズ駅からテニスコートまでのシャトルバスが運行される。このバスはトラベルカードとバスパスが利用できない。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ディストリクト線
ウィンブルドン支線
ウィンブルドン・パーク駅 - サウスフィールズ駅 - イースト・パットニー駅

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update
  2. ^ Transport for London Invenstment Programme Report, Second Quater, 2006/07
  3. ^ サウスフィールド駅からのバスサービス