パーソンズ・グリーン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーソンズ・グリーン駅
Parsons Green station
ParsonsGreen1.jpg
パーソンズ・グリーン駅の位置
パーソンズ・グリーン駅
グレーター・ロンドン内におけるパーソンズ・グリーン駅の位置
位置
所在地 パーソンズ・グリーン
行政区 ハマースミス&フラム・ロンドン特別区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
路線 ディストリクト線
駅構造 地上駅
ホーム数 2
ゾーン 2
地下鉄年間乗降員数
2005年 4.585百万人[1]
2007年 5.075百万人[1]
歴史
1880年 (1880)
開業

座標: 北緯51度28分31秒 西経0度12分04秒 / 北緯51.475278度 西経0.201111度 / 51.475278; -0.201111

パーソンズ・グリーン駅(‐えき、英語: Parsons Green station)はロンドン地下鉄ディストリクト線ウィンブルドン支線の駅である。トラベルカード・ゾーン2に位置する。

この駅はパーソンズ・グリーン地域にあり、パーソンズ・グリーン公園から北側に少し離れた場所、フラム・ロード(Fulham Road、国道A304号線)とニュー・キングズ・ロード(New Kings Road、国道A308号線)の中間にある。

以前この駅には、アールズ・コート駅にその機能を移すまでの間、運転士の詰所があった。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の高架駅。南行きのホーム(2番線)の外側には留置線があり、島式ホームの様になっている。駅にはこれを含め7本の留置線(車庫)がある。

留置線[編集]

駅の周りに合計7本の留置線(側線、列車の車庫)があり、DストックCストック(ディストリクト線を走る2種類の車両)の双方を用いた列車がこの駅止まり・入庫となることがある。

  • 駅北側の片側(西側)には1本の留置線があり、2編成のDストック・Cストックを留置できる。こちらには、フラム・ブロードウェイに向かう線路(1番線)からのみ出入庫が可能。
  • 同じく駅北側の逆側(東側)にも1本の留置線があり、1編成のCストック・Dストックを留置可能。こちらにはパーソンズ・グリーンに向かう線路(2番線)からのみ出入庫が可能。
  • 駅のすぐ南側に4本の留置線と、またプラットホームに隣接して1本の留置がある。
    • 4本の留置線はCストック・Dストックを各1編成ずつ留置できる。これらの留置線には1・2番線の双方から出入庫できる。列車が出庫する際には、通常は1番線に入る。2番線のホームに隣接する留置線は1編成のCストックのみ収容でき、4本の留置線のうちの1本からのみ出入庫が可能である。

歴史[編集]

この駅は1880年3月1日に、メトロポリタン・ディストリクト鉄道(MDR、現在のディストリクト線)が路線をウェスト・ブロンプトン駅からパットニー・ブリッジ駅まで延伸した際に開業した。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ディストリクト線
ウィンブルドン支線
パットニー・ブリッジ駅 - パーソンズ・グリーン駅 - フラム・ブロードウェイ駅

脚注[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update

外部リンク[編集]

出典[編集]