ゴットフリート・ツー・ホーエンローエ=ランゲンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホーエンローエ=ランゲンブルク侯世子ゴットフリート、1916年頃

ゴットフリート・ヘルマン・アルフレート・パウル・マクシミリアン・ヴィクトル・ツー・ホーエンローエ=ランゲンブルクGottfried Hermann Alfred Paul Maximilian Viktor Prinz zu Hohenlohe-Langenburg, 1897年3月24日 - 1960年5月11日)は、ドイツの旧諸侯家の1つホーエンローエ=ランゲンブルク家の家長(1950年 - 1960年)。

生涯[編集]

ホーエンローエ=ランゲンブルク侯エルンスト2世とその妻のイギリス王女・ザクセン=コーブルク=ゴータ公女アレクサンドラの間の第1子、長男としてランゲンブルクに生まれた。母はイギリスのヴィクトリア女王の孫娘である。実家の城やドレスデンコーブルクで教育を受けた後、1915年に志願兵としてドイツ軍に入隊した。1919年に軍隊を除隊された後、1年間ハイデルベルク大学で国民経済学を学んでいる。その後、ベルリンミュンヘンでビジネスマンや銀行員として働いた。

1931年4月20日、ギリシャ王子アンドレアスの娘マルガリタと結婚した。マルガリタは正教徒だったため、無宗派による結婚式が挙げられた。マルガリタはイギリス女王エリザベス2世の夫君エディンバラ公爵フィリップ王子の長姉である。

1933年よりランゲンブルク侯家の資産の管理・経営に携わり、1935年より父に代わってランゲンブルク侯家の資産管理団体の代表に就任した。1937年5月1日には国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党し、402万3070人目の党員となった[1]第二次世界大戦が始まると高級将校として軍隊に復帰し、東部戦線で戦ったが、1944年には軍務を解かれている。

終戦後、所領がアメリカ合衆国軍の占領地域に組み込まれた際、アメリカ軍の指名により3か月間のみながらクライルスハイム郡 (Landkreis Crailsheim) の郡長を務めた。その後はバーデン=ヴュルテンベルク州の諸団体や、福音派教会系の様々な名誉職を歴任した。ランゲンブルクにて没。

子女[編集]

  • クラフト・アレクサンダー・エルンスト・ルートヴィヒ・エミッヒ(1935年 - 2004年)
  • ベアトリクス・アリーツェ・マリー・メリタ・マルガレーテ(1936年 - 1997年)
  • ゲオルク・アンドレアス・ハインリヒ(1938年 - )
  • ループレヒト・ジギスムント・フィリップ・エルンスト(1944年 - 1978年)
  • アルブレヒト・ヴォルフガング・クリストフ(1944年 - 1992年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ernst Klee: Das Kulturlexikon zum Dritten Reich. Wer war was vor und nach 1945. S. Fischer, Frankfurt am Main 2007, S. 261.