コーヒー浣腸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コーヒー浣腸 (コーヒーかんちょう、コーヒーエネマとも)とは、浣腸の一種であり、コーヒー肛門より入れて、直腸大腸を「清掃する」事を目的とした行為。今日では医学的に妥当な行為ではなく、危険でありうると考えられている[1][2]

「エネマ」とは英語で浣腸の意味である。

歴史[編集]

コーヒー浣腸は1917年に考案され、メルクマニュアルに1972年まで記載されていた[3]。エドガー・ケイシーはしばしばリーディングでコーヒー浣腸を行う必要について述べた。

1920年にドイツの科学者が胆管小腸へのカフェインの影響を調べた。マックス・ゲルソンドイツ語版英語版スペイン語版ノルウェー語版はコーヒー浣腸が胃腸に良い影響が結核の患者に対して、後にはにもあると主張した。主張では食塩水と異なり、カフェインが小腸の平滑筋を通り、肝臓に達するとし、普通の浣腸よりも消化管をきれいにし、より多くの毒と胆汁を取り除く、とした。ゲルソンは患者にしばしば、「コーヒー浣腸は腸のためではなく、肝臓の刺激のためである」と語った[3]

効能に関する主張[編集]

コーヒー浣腸は、ガン予防効果があるとも言われるが、確認はされていない。肥満便秘の治療に試みられる事もある。信者はカフェイン結腸から吸収され、腫瘍代謝産物を「デトックスする」、慢性の偏頭痛に効果があるなどと主張する[4]

危険性[編集]

ネット上では試して良かったという声が多数挙がっているものの、その反面、コーヒー浣腸のやり過ぎによる電解質異常や、挿入時の直腸粘膜損傷に起因する敗血症で副作用、すなわち感染大腸炎、多菌性の胃腸炎心不全を起こしたとされる海外での死亡例の報告もある[4][5][6][7][8][9]

コーヒー浣腸による電解質異常は重篤ならば死に至る[7]

コーヒーの注入があまりに急速だったり、熱すぎたりすると、直腸穿孔[10]やけど[11]を起こしうる。

市販のキットにて行なう際には自己責任にて行うように記載されている。

脚注[編集]

  1. ^ Ernst E (June 1997). “Colonic irrigation and the theory of autointoxication: a triumph of ignorance over science”. J. Clin. Gastroenterol. 24 (4): 196–8. doi:10.1097/00004836-199706000-00002. PMID 9252839. http://meta.wkhealth.com/pt/pt-core/template-journal/lwwgateway/media/landingpage.htm?issn=0192-0790&volume=24&issue=4&spage=196. 
  2. ^ Shils ME, Hermann MG (April 1982). “Unproved dietary claims in the treatment of patients with cancer”. Bull N Y Acad Med 58 (3): 323–40. PMC: 1805327. PMID 7052177. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1805327/. 
  3. ^ a b Moss, Ph.D., Ralph W. "The Cancer Chronicles" 2nd ed. Austin, Texas: 1994. (6-7)
  4. ^ a b “[Coffee enema induced acute colitis”] (Korean). Korean J Gastroenterol 52 (4): 251–4. (October 2008). PMID 19077527. http://old.gastrokorea.org/journal/viewJournal.html?year=2008&vol=52&iss=4&page=251. 
  5. ^ Colon Therapy”. American Cancer Society (2008年1月11日). 2011年5月13日閲覧。
  6. ^ “Polymicrobial enteric septicemia from coffee enemas”. West. J. Med. 140 (3): 460. (March 1984). PMC: 1021723. PMID 6710988. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1021723/. 
  7. ^ a b “Deaths related to coffee enemas”. JAMA 244 (14): 1608–9. (October 1980). PMID 7420666. https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/vol/244/pg/1608. 
  8. ^ Keum, Bora; Jeen, Yoon Tae; Park, Sung Chul; Seo, Yeon Seok; Kim, Yong Sik; Chun, Hoon Jai; Um, Soon Ho; Kim, Chang Duck et al. (2010). “Proctocolitis Caused by Coffee Enemas”. The American Journal of Gastroenterology 105 (1): 229–230. doi:10.1038/ajg.2009.505. ISSN 0002-9270. 
  9. ^ Livingston-Wheeler Therapy”. Memorial Sloan–Kettering Cancer Center (2011年5月9日). 2011年5月13日閲覧。
  10. ^ “Enema-induced perforation of the rectum in chronically constipated patients”. Dis. Colon Rectum 42 (12): 1609–12. (December 1999). PMID 10613482. 
  11. ^ “Rectal burn caused by hot-water coffee enema”. Gastrointest. Endosc. 68 (5): 1008; discussion 1009. (November 2008). doi:10.1016/j.gie.2008.04.017. PMID 18657805. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0016-5107(08)01699-4.