コンラート・ハンゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンラート・ハンゼンConrad Hansen, 1906年11月24日 - 2002年6月22日)は、ドイツピアノ奏者[1][2]

リップシュタットの生まれ。8歳からピアノを始め、10歳でリサイタルを開くほどの早熟ぶりを示す。1922年にエトヴィン・フィッシャーの門下となり、1930年には師の主宰する室内管弦楽団と共演してデビューを果たした。以後フィッシャーの助手を経て1936年にシュテルン音楽院の助教授となり、エーリヒ・レーンアルトゥール・トレスターとピアノ三重奏団を結成して室内楽の分野で活躍した。また、ソリストとしてもウィレム・メンゲルベルクヴィルヘルム・フルトヴェングラーらと共演している。第二次世界大戦後の1946年にデトモルト音楽大学の共同設立者として名を連ねて教授を務め、1960年にはハンブルク音楽院、1974年からリューベック音楽院で後進の指導に当たった。

ハンブルクにて死去。

[編集]

  1. ^ 47news.jp
  2. ^ [1]