コスタ・ベネチア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コスタ・ベネチア
COSTA VENEZIA 20190513-2.jpg
大阪天保山に停泊中のコスタ・ベネチア
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 イタリアの旗 イタリア ジェノヴァ
所有者 カーニバル
運用者 コスタ・クルーズ
建造所 フィンカンティエリモンファルコーネ造船所[1]
信号符字 IBAD
IMO番号 9801689
MMSI番号 247391100
経歴
就航 2019年3月1日
要目
総トン数 135,500トン
全長 323.60m
全幅 37.30m
高さ 80.45m
喫水 8.5m
デッキ数 20
航海速力 22.0ノット
旅客定員 5,260(最大)
テンプレートを表示

コスタ・ベネチアCosta Venezia)は、コスタ・クルーズが運航しているクルーズ客船

概要[編集]

コスタ・クルーズのコスタ・ベネチア級1番船として2019年3月に就航した、同社最大級(135,500トン)のクルーズ客船。処女航海はトリエステから東方見聞録の著者マルコ・ポーロがたどったとされる航路をたどり、2019年4月29日東京都東京港(大井水産物埠頭)に入港した[2]

同日、この日本初入港を記念して、セレモニーCOSTA VENEZIA MAIDEN CALLが開催され、浅輪宇充国土交通省大臣官房技術参事官や、斎藤真人東京都港湾局長らが参列した[3]

同年5月13日には台湾基隆市から鹿児島港及び油津港を経由して天保山に着岸[4]の後、高知港を経て基隆に帰港した。5月20日には福岡県博多港(箱崎埠頭)にも来航した[5]

就航初年度にあたる2019年現在の母港は上海で、アジアを中心としたクルーズ客船として運用されている。日本への寄港地は主に博多港(中央埠頭)となっている[1]

姉妹船[編集]

  • 2番船 「コスタ・フィレンツェ(Costa Firenze)」:建造中(2020年就航予定)[6]

脚注及び出典[編集]

外部リンク[編集]