ゲケドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲケドゥ
Guéckédou
 (ゲケドゥグ)
ゲケドゥ病院
ギニア国内におけるゲケドゥの位置。
座標: 北緯8度34分 西経10度08分 / 北緯8.567度 西経10.133度 / 8.567; -10.133
ギニアの旗 ギニア
ンゼレコレ州
ゲケドゥ県英語版
標高 1,289ft (392m)
人口 (2008年)
 - 計 221,715人
等時帯 グリニッジ標準時(GMT)

ゲケドゥ(Guéckédou)は、ギニアの都市。ゲケドゥグ(Guéckédougou)とも呼ばれる。ギニア南部に位置し、リベリアシエラレオネとの国境近くに位置する。ンゼレコレ州に属し、ゲケドゥ県英語版の県都である。人口は1996年には79,140人であったが、その後2000年2001年リベリア内戦シエラレオネ内戦が相次いで起き、国境近くのこの町に難民が押し寄せたため人口が急増し、2008年には221,715人となった。北緯8度34分、西経10度8分に位置する。

ゲケドゥは週ごとに開かれる大きなマーケットで知られており、ギニア国内のみならずリベリアやシエラレオネ、コートジボワールからも商人が集まり、活況を呈する。

2007年12月12日、ランサナ・コンテ大統領に反対する市民たちが警察署を襲撃した[1]

2014年2月から3月にかけて、住民、病院関係者の中でエボラ出血熱が発生。数十人が死亡した。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

ゲケドゥ市内の学校