ゲオルギオス・パパシデリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲオルギオス・パパシデリス Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム Georgios Saranti Papasideris
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
種目 砲丸投円盤投
所属 Athlitikos Omilos Athinon
生年月日 1875年????
生誕地 ギリシャアッティカ県コロピ(en:Koropi
没年月日 1920年????
 
獲得メダル
ギリシャの旗 ギリシャ
男子 陸上競技
オリンピック
1896 アテネ 砲丸投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ゲオルギオス・パパシデリスGeorgios Saranti Papasideris: Γεώργιος Σαράντη Παπασιδέρης1875年 - 1920年)は、ギリシャの元陸上競技選手重量挙げ選手である。彼は、1896年に開催されたアテネオリンピックに出場して、砲丸投で3位となった[1]

経歴[編集]

ゲオルギオス・パパシデリスは、アッティカ県コロピで1875年に生まれた。

彼は1896年に自国で開催されたアテネオリンピックに、陸上競技と重量挙げの選手として参加した。砲丸投では10.36メートルの記録で3位に入り、円盤投では5位から9位の間の順位だった[2][3]

重量挙げでは両手ジャーク競技に出場し、ドイツ代表のカール・シューマンと並んで4位に入った[4][5]。パパシデリスとシューマンは、2人とも90.0キロを記録した。

脚注[編集]

  1. ^ 第1回アテネオリンピックにおいては3位の選手にメダルは贈られなかったが、獲得メダルの表示は、便宜上第2回オリンピック以降と同様の表示を用いている。
  2. ^ Athletics at the 1896 Athina Summer Games:Men's Discus Throw(英語)
  3. ^ 円盤投には9人の選手が参加していたが、パパシデリスの記録と順位は明らかになっていない。
  4. ^ Weightlifting at the 1896 Athina Summer Games:Men's Unlimited, Two Hands(英語)
  5. ^ シューマンはこのオリンピックで、体操競技とレスリングで合計4個の金メダルを獲得したことで知られている。なお、彼は陸上競技にも参加し、走幅跳三段跳砲丸投に出場したがメダルは逃している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]