バラク・ハージブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バラク・ハージブ(? - 1234年/35年[1])は、13世紀初頭にイランケルマーンで成立したカラヒタイ朝の建国者(在位:1223年 - 1234年/35年)。

バラク・ハージブは契丹中央アジアに建国した西遼(カラ・キタイ)の皇族の出身であるため[2]、彼が建てた政権は出自にちなんだカラヒタイの名で呼ばれる[3]。また、バラク・ハージブがアッバース朝カリフから与えられた称号より、クトゥルグ・カン家クトゥルグ・スルターン家とも呼ばれる。

1218年に西遼がモンゴル帝国に併合された後、バラク・ハージブと共にケルマーンに定住した一団はイスラームに改宗し、現地に立てた地方政権がケルマーンのカラヒタイ朝の始まりである[4] 。ケルマーンのカラヒタイ朝はモンゴル帝国イルハン朝の属国として、約80年の間中央アジアに存続した。カラヒタイ朝には9人の君主がおり[3]、うち2人は女性だった[5]

生涯[編集]

バラク・ハージブは本来西遼の軍人だったが[6]1210年にバナーカトの戦いで西遼軍がホラズム・シャー朝に敗れた時、軍の指揮官を務めていた弟のターヤンクー[7]と共にホラズム・シャー朝の捕虜となった。ホラズム・シャー朝に降伏したバラクは侍従(ハージブ)として仕官し、王子ギヤースッディーン・ピール・シャーの下ではエスファハーンの長官を務めた[6]

1219年のモンゴル帝国のホラズム侵攻の後、ギヤースッディーンの廷臣と対立したバラクはインドに滞在する王子ジャラールッディーン・メングベルディーの元に向かう[6]。行軍を妨害したグヴァシール(ケルマーン)の長官を破り、グヴァシールの城を包囲した[6]。包囲中、バラクはジャラールッディーンに財宝を献上し、彼の娘を娶らせて婚姻を結び、帰順を誓った[6]。ジャラールッディーンはペルシアに帰国する際にバラクのグヴァシール長官の地位を認め、やがてバラクの権威はケルマーン州全土に行き渡る[3]

1226年にジャラールッディーンがイラクに転戦した後、バラクは独立を図り、モンゴル帝国に使者を送った[8]反逆を知ったジャラールッディーンがケルマーンに引き返すと、バラクは堅固な城砦に立て籠もって抵抗し、両者は和解する。ジャラールッディーンとの争いに敗れたギヤースッディーンがケルマーンに亡命すると、バラクは彼とその母親、500人の従者たちを殺害した[9]

後にバラクはイスラームに改宗してバグダードのカリフにスルターンの称号を請求し、「クトゥルグ・スルターン(幸福なスルターン)」の称号を認められる[10][11]。ジャラールッディーンの死後、モンゴル軍がホラズム軍の残党が拠るスィースターンを攻撃したおり、バラクは彼らに臣従し、老齢の自分の代理として子のルクヌッディーンをモンゴルの宮廷に派遣した[1]。ルクヌッディーンの移動中にバラクは没し、甥のクトブッディーンがケルマーンの王位を簒奪した[1]

その後のカラヒタイ朝[編集]

バラク・ハージブの死後、ルクヌッディーンとクトブッディーンはモンゴルの宮廷の有力者たちの力を背景にしてケルマーンの王位を争った。

オゴデイ・ハーンはルクヌッディーンのケルマーン王位を認め、グユク・ハーンの即位時には大臣チンカイに支持されたルクヌッディーンが王位を保持した。モンケがハーンに即位してグユクの党派が失脚すると、クトブッディーンがマフムード・ヤラワチの支持を得てケルマーンの王位を手にする[12]1253年(もしくは1254年)、王位争いに敗れたルクヌッディーンはクトブッディーンによって殺害される[12]フレグ征西にあたって、クトブッディーンはフレグに臣従を誓い、1257年(もしくは1258年)に没した[13]

モンケはクトブッディーンの子ハッジャージュをケルマーンの王に封じるが、ハッジャージュは幼く、クトブッディーンの妻クトルグ・テルケンがハッジャージュを後見した。成長したハッジャージュはクトルグ・テルケンと対立、クトルグ・テルケンは女婿にあたるイルハン朝のアバカ・ハンに助けを求め、アバカよりケルマーンの支配権を認められる[14]。ハッジャージュはインドの奴隷王朝に亡命し、王位の奪還を果たさないまま帰国中に没した[14]

アフマド・テグデルがイルハン朝のハンに即位した後、1282年にクトブ・ウッディーンの次子ジャラールッディーン・ソユルガトミシュはテグデルよりケルマーンの王位を認められ、クトルグ・テルケンを廃位した[14]。クトルグ・テルケンはタブリーズのイルハン朝の宮廷に逃れ、イルハン朝の官人はソユルガトミシュとクトルグ・テルケンの和解を望んだ[15]。同年にクトルグ・テルケンは亡命先のタブリーズで客死する[15]

アルグンがテグデルを討ってイルハン朝のハンに即位すると、テグデルの後援でケルマーン王位を得たソユルガトミシュは裁判にかけられるが、王位の保持を認められた[15]1291年にイルハン朝のハンに即位したゲイハトゥは妻のパードシャー・ハトゥンをケルマーンの支配者とし、翌1292年に帰国したパードシャーによってソユルガトミシュは処刑される。

1306年、シャー・ジハーンは告発を受けてオルジェイトゥ・ハンの宮廷に召喚された[16]。シャー・ジハーンはオルジェイトゥに罰せられなかったものの、ケルマーンへの帰国は認められなかった。ケルマーンはイルハン朝の統治下に置かれ、シャー・ジハーンはシーラーズに隠棲した[17]。シャー・ジハーンはシーラーズで財貨を蓄え[17]、彼の娘はムザッファル朝の建国者ムバーリズッディーン・ムハンマドの元に嫁いだ[5]

カラヒタイ朝の歴代君主[編集]

  1. バラク・ハージブ(在位:1223年 - 1234年もしくは1235年
  2. ルクヌッディーン・ホージャ・ムハンマド - バラク・ハージブの子
  3. クトブッディーン - ターヤンクーの子
  4. スルターン・ハッジャージュ(在位:1257年もしくは1258年 - 1271年) - クトブッディーンの子
  5. クトルグ・テルケン(在位:1271年 - 1282年) - クトブッディーンの妻
  6. ジャラールッディーン・ソユルガトミシュ(在位:1282年 - 1292年) - クトブッディーンの次子
  7. パードシャー・ハトゥン - クトブッディーンの子。ソユルガトミシュの姉。イルハン朝のアバカの元に嫁ぎ、アバカの死後ゲイハトゥの后とされた
  8. ムハンマド・シャー - ハッジャージュの子
  9. シャー・ジハーン(在位:1303年 - 1306年) - ソユルガトミシュの子

脚注[編集]

  1. ^ a b c ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、135頁
  2. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、137頁
  3. ^ a b c ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、8頁
  4. ^ Tjong Ding Yih. “Qarakhitay (Hsi Liao) Cash Coins Inscribed KANGGUO”. 2013年1月27日閲覧。
  5. ^ a b Biran, Michal. (2005). The Empire of the Qara Khitai in Eurasian History: Between China and the Islamic World. Cambridge University Press. 87–89頁
  6. ^ a b c d e ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、7頁
  7. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、136頁
  8. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、21-22頁
  9. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、35頁
  10. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、135,137頁
  11. ^ アラーウッディーン・アターマリク・ジュヴァイニー. 世界征服者の歴史 2巻. http://archive.org/stream/historyoftheworl011648mbp#page/n129/mode/2up 
  12. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、136頁
  13. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、136頁、ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、271頁
  14. ^ a b c ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、271頁
  15. ^ a b c ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、272頁
  16. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』6巻、169頁
  17. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』6巻、170頁

参考文献[編集]

  • C.M.ドーソン『モンゴル帝国史』4巻(佐口透訳注, 東洋文庫, 平凡社, 1973年6月)
  • C.M.ドーソン『モンゴル帝国史』5巻(佐口透訳注, 東洋文庫, 平凡社, 1976年12月)
  • C.M.ドーソン『モンゴル帝国史』6巻(佐口透訳注, 東洋文庫, 平凡社, 1979年11月)
  • アラーウッディーン・アターマリク・ジュヴァイニー. 世界征服者の歴史 2巻. http://archive.org/stream/historyoftheworl011648mbp/historyoftheworl011648mbp_djvu.txt 
  • Biran, Michal. (2005). The Empire of the Qara Khitai in Eurasian History: Between China and the Islamic World. Cambridge University Press. pp. 87–89. ISBN 0-521-84226-3