ケメネヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Quéménéven
Quéménéven (29) Église 01.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) シャトーラン郡
小郡 (canton) シャトーラン小郡
INSEEコード 29229
郵便番号 29180
市長任期 アラン・ル・ケレック
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de Communes du Pays de Châteaulin et du Porzay
人口動態
人口 1138人
2010年
人口密度 40人/km2
住民の呼称 Quéménévenois, Quéménévenoise
地理
座標 北緯48度06分53秒 西経4度07分14秒 / 北緯48.114722度 西経4.120556度 / 48.114722; -4.120556座標: 北緯48度06分53秒 西経4度07分14秒 / 北緯48.114722度 西経4.120556度 / 48.114722; -4.120556
標高 平均:m
最低:m
最高:m
面積 28.21km2
Quéménévenの位置(フランス内)
Quéménéven
Quéménéven
公式サイト Site de la commune
テンプレートを表示

ケメネヴァン (Quéménéven、ブルトン語:Kemeneven)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

由来[編集]

ケメネヴァンの教区は、1267年にKemenetmaenの名で記された[1]。ブルトン語のkemenetとはラテン語のcommendatioに対応する言葉である。元々の意味は『勧めること、資産を運用すること』である。この用語は、分割された領地が家臣に委託され与えられることを指す。例えば、モルビアン県ゲムネ=シュル=スコルフの場合は、レオン地方のケムネ=ティリの助祭またはケムネ・エボエの助祭のため生まれた名称である。彼らは中世のヴァンヌテ地方西部に広大な所領を持っていた[1]。接尾辞の-maenは、人の名であろうと推測されている[1]

ケメネヴァンは1675年の印紙税一揆につながりがある。

町の中にあるトレフリのマノワールは、第二次世界大戦中に、連合国側の飛行士が避難する経路の中継点として、重要な役割を担った。所有者のプルピケ夫妻は、レジスタンス集団パット・オリアリー(fr)の構成員であった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
1407 1323 1208 1155 1151 1132 1149 1138

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Jean-Yves Le Moing, Noms de lieux de Bretagne : plus de 1200 noms expliqués, Christine Bonneton Éditeur,‎ , 231 p. (ISBN 2-86253-283-5), p. 173
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=28384
  3. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  4. ^ http://www.insee.fr