グレンデリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレンデリウス
生息年代: ジュラ紀後期キンメリッジアン期 - チトニアン期
Kimmeridgian–Tithonian
Otshevia2DB.jpg
Grendelius pseudoscythica
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : ?広弓亜綱 Euryapsida
?双弓亜綱 Diapsida
: 魚竜目 Ichthyosauria
: オフタルモサウルス科
Ophthalmosauridae
亜科 : プラティプテリギウス亜科
Platypterygiinae
: グレンデリウス
Grendelius
学名
Grendelius
McGowan, 1976
シノニム
  • Otschevia Efimov, 1998
  • G. alekseevi (Arkangelsky, 2001) [Otscheviaから再分類]
  • G. mordax McGowan, 1976 (模式種)
  • G. pseudoscythica (Efimov, 1998) [Otscheviaから再分類]
  • G. zhuravlevi (Arkangelsky, 1998)

グレンデリウス学名:Grendelius)は、ジュラ紀後期キンメリッジアン期からチトニアン期にかけてイギリスヨーロッパロシアに生息していたオフタルモサウルス科プラティプテリギウス亜科に属する魚竜の属[1]ブラキプテリギウスのシノニムとされているが、独立した属とする説も存在する。

発見と分類の歴史[編集]

模式種である Grendelius mordax は、イングランドのキンメリッジ・クレイから発見された同じ個体の物と考えられる体骨格要素を有する完全な頭骨 CAMSM J.68516 に基づき1976年に記載された[2]。種や属が独立していることの証拠には化石の差異が不十分だったため、後にブラキプテリギウスに再分類されることとなった[3][4]

ロシア沿ヴォルガ連邦管区に位置するウリヤノフスクのジュラ紀後期チトニアン期にあたる Pseudoscythia Zone から出土した単一の模式標本に基づいて、Efimovは1998年に新たな魚竜 Otschevia pseudoscythica を記載した[5]。後に Arkangelsky はロシアのサラトフに存在するチトニアン期の地層から Brachypterygius zhuravlevi を1998年の論文において記載し、Otschevia zhuravleviに再分類した.[6][7]。Maisch と Matzke はロシアで発見された2種は互いにシノニムであると考え、B. pseudoscythicaB. pseudoscythius の誤植)としてブラキプテリギウス属に再分類した[8]。こうしうてグレンデリウスと Otschevia はブラキプテリギウスのジュニアシノニムと考えられるようになった。

2001年にはロシアのジュラ紀後期の地層から Arkhangelsky が Otschevia alekseevi を命名し[9]、McGowan と藻谷亮介2003年の論文でこれらのロシアの種をブラキプテリギウスの有効な種である B. extremus のジュニアシノニムとして扱ったが、Maisch は2010年の論文でこれらの種を B. mordax とともに B. extremus とは別の種としている[10]

2015年に発表された Arkhangelsky と Stenshin の新たな論文では、グレンデリウスと Otschevia はブラキプテリギウスの模式種のシノニムではなく、プラティプテリギウス亜科においてブラキプテリギウスよりもプラティプテリギウスに近縁であるとされている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b N. G. Zverkov, M. S. Arkhangelsky and I. M. Stenshin (2015) A review of Russian Upper Jurassic ichthyosaurs with an intermedium/humeral contact. Reassessing Grendelius McGowan, 1976. Proceedings of the Zoological Institute 318(4): 558-588
  2. ^ McGowan C. 1976. The description and phenetic relation-ships of a new ichthyosaur genus from the Upper Jurassic of England. Canadian Journal of Earth Sciences 13: 668–683.
  3. ^ McGowan, C. 1997. The taxonomic status of Grendelius mordax: a preliminary report. Journal of Vertebrate Paleontology, 17, 428–430. doi:10.1080/02724634.1997.10010986
  4. ^ McGowan, C. & Motani, R. Ichthyopterygia. In Sues, H.-D. (ed.) Handbook of Paleoherpetology, vol. 8. Verlag Dr. Friedrich Pfeil, Munich, 175 pp., 19 pls.
  5. ^ Efimov VM. 1998. An Ichthyosaur, Otschevia pseudoscythica gen. et sp. nov. from the Upper Jurassic Strata of the Ulyanovsk Region (Volga Region). Paleontologicheskii Zhurnal 32 (2): 187-191.
  6. ^ Arkhangelsky, M. S. 1998. On the ichthyosaurian fossils from the Volgian stage of the Saratov Region. Paleontologicheskii Zhurnal, 1998, 87–91.
  7. ^ Arkhangelsky, M. S. 2000. On the ichthyosaur Otschevia from the Volgian Stage of the Volga Region. Paleontological Journal, 34, 549–552.
  8. ^ Maisch MW, Matzke AT. 2000. The Ichthyosauria. Stuttgarter Beiträge zur Naturkunde Serie B (Geologie und Paläontologie) 298: 1-159
  9. ^ Arkhangelsky, M. S. 2001. On a new ichthyosaur of the genus Otschevia from the Volgian Stage of the Volga Region near Ulyanovsk. Paleontological Journal, 35, 629–635.
  10. ^ Michael W. Maisch (2010). “Phylogeny, systematics, and origin of the Ichthyosauria – the state of the art”. Palaeodiversity 3: 151–214. http://www.palaeodiversity.org/pdf/03/Palaeodiversity_Bd3_Maisch.pdf.