グリーン・インフェルノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グリーン・インフェルノ
The Green Inferno
The green infernologo.jpeg
監督 イーライ・ロス
脚本 イーライ・ロス
ギジェルモ・アモエド
原案 イーライ・ロス
製作 イーライ・ロス
ミゲル・アセンシオ・ジャマス
ニコラス・ロペス
モリー・コナーズ
クリストファー・ウッドロウ
製作総指揮 ジェイソン・ブラム
出演者 ロレンツァ・イッツォ
アリエル・レヴィ
ダリル・サバラ
カービー・ブリス・ブラントン
音楽 マヌエル・リベイロ
撮影 アントニオ・クエルチャ
編集 エルネスト・ディアス=エスピノーサ
製作会社 ワールドビュー・エンターテインメント
ドラゴンフライ・エンターテインメント
ソブラス・インターナショナル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗ユニバーサル・ピクチャーズ,ブラムハウス・プロダクションズ,フィルム・ディストリクト
日本の旗ポニーキャニオン
公開 アメリカ合衆国の旗2015年9月25日
日本の旗2015年11月28日
上映時間 100分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[2]
興行収入 世界の旗$7,192,291[2]
テンプレートを表示

グリーン・インフェルノ』(原題:The Green Inferno)は2013年アメリカ合衆国で公開されたホラー映画である。監督はイーライ・ロス、主演はロレンツァ・イッツォが務めた。本作は1980年のイタリア映画『食人族』をモチーフにしており[3]、タイトルの「グリーン・インフェルノ」とは、同作に出てくるジャングル地帯の名前から採られたものである。

ストーリー[編集]

父親が国連に勤務しているジャスティンはアレハンドロ率いる積極行動主義のグループに関心を持つようになった。そのグループは原住民のヤハ族を迫害して熱帯雨林を開発しようとする大企業を止めるべく、アマゾンの熱帯雨林へ行く計画を立てていた。作業員が森を伐採する姿を携帯で撮影し、それをストリーム中継することで世間の関心を喚起しようとしたのである。

ドラッグの売人であるカルロスから資金援助を受け、ペルー経由し現地に到着した一行。彼らは伐採のストリーム撮影だけではなく、ブルドーザーに自分達ごとチェーンを巻くなどの妨害行為も行った。その際ジャスティンの国連職員の娘という立場を利用するため、アレハンドロはジャスティンにわざと鍵の壊れたチェーンを持たせており、引き立てられ携帯も壊されたジャスティンは警護の傭兵に危うく殺されかける。これによりグループの抗議活動はインターネットでより注目を集めることとなる。グループは身柄を確保されたが、カルロスが裏から手を回してくれたお陰で、一行は無事解放された。帰路につく一行の中、利用された事を一人憤慨するジャスティンだったが、その時搭乗していた小型飛行機が、突如エンジントラブルに見舞われ森に墜落してしまい、カルロスが死亡する。

生き残った人々はなんとか助けを求めようとするが、全身を赤色に塗ったヤハ族の集団に襲撃され、カーラが殺されてしまう。抵抗は不可能だと判断した一行は、大人しく小さな村まで連行され、竹製の檻の中に入った。儀式の場に連れ出されたジョナは長老と思われる女性に斬首され、そのまま食べられてしまった。

アレハンドロは実はカルロスと共謀し、この密林を伐採している企業のライバル会社から伐採の妨害を頼まれており、そのライバル企業がすぐ伐採に乗り込んでくるので時間を稼げれば助かると、他のメンバーの怒りを買いつつも説明するが、翌朝ジャスティンが処女だと知ったヤハ族の長老が、彼女に女性器切除を施すための準備を始めた為、サマンサが足の速い自分が助けを呼びに行くと、携帯電話のアラーム音で見張りの注意を逸らした隙を突いて檻から脱走する。

翌日、割礼準備の儀式を終えたジャスティンが戻ってくると、檻に食事が差し入れられる。空腹に耐えかね皆それを口にするが、エイミーは自分が食べた物が脱出に失敗したサマンサの肉であったことに気付き、皿の破片で喉を切り裂いて自殺してしまった。ラースは死んだエイミーの口にマリファナを詰め込む。エイミーの肉を食べたヤハ族がトリップ状態に陥るのを期待した行動だったが、この計画は上手くいき、ヤハ族の人々が朦朧としている間にジャスティンとダニエルは脱出に成功する。しかし一人残されると食われると考えたアレハンドロにラースは気絶させられ脱出を阻止される。その結果、ラースはトリップしたヤハ族達に生きたまま食べられてしまう。

ジャスティンとダニエルは墜落現場でカーラの携帯電話を発見したが、追ってきたヤハ族に再び捕らえられてしまうのだった。絶望的な状況に陥ったジャスティンだったが、思わぬハプニングが起こる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2012年5月17日、第65回カンヌ国際映画祭の会場でイーライ・ロスは新作ホラー映画の構想を発表した[4]。8月にはチリとペルーで製作が開始され[5]、10月にはキャスティングが完了したとの発表があった[6]。同月中にはニューヨークでの撮影が始まり、11月5日はチリとペルーでの撮影が始まった[7]

ロスは本作をヴェルナー・ヘルツォークテレンス・マリックの作風に似た作品にしたいと述べている。また、本作製作するに当たって、1980年前後のイタリアのスプラッター映画を大いに参照したとも述べている[8]。ロスは本作の登場人物に関して「この作品は、ネット文化にどっぷりつかり、自分はなにひとつ考えても動いてもないのに、どこかから流れてきた社会性高そうな記事やツイートをただシェアしてるだけで活動家になった気になってる人たちへのアンチテーゼだ。」と述べている[9]

公開[編集]

2013年7月30日、本作が第38回トロント国際映画祭でプレミア上映されると発表された。そして、本作はオープン・ロード・フィルムズによって2014年9月5日に全米公開される予定だという報道も出た[10]。しかし、金銭面でワールドビュー・エンターテインメントと折り合いがつかなかったため、全米公開の予定は一旦白紙化された[11]。2014年4月25日にはスタンレー映画祭で極秘の上映会が開催された[12]

最終的に、本作の全米公開日は2015年9月25日となった[13]。劇場公開に当たって、R18指定のバージョンからグロテスクなシーンを取り除いたPG-13指定バージョンも製作された。

興行収入[編集]

2015年9月25日、本作は全米1540館で公開され、公開初週末に352万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場9位となった[14]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには85件のレビューがあり、批評家支持率は33%、平均点は10点満点で4.5点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『グリーン・インフェルノ』はイーライ・ロス監督作品の新規ファンの開拓には至れないだろう。しかし、残虐な映像を作り上げることに関するロス監督の才能に魅せられた人々にとっては、ぞくぞくするような面白さがある作品になっているはずだ。」となっている。また、Metacriticには19件のレビューがあり、加重平均値は38/100となっている[15]。なお、本作のシネマスコアはC-となっている[16]

作家のスティーヴン・キングは「『グリーン・インフェルノ』は私の若い頃にドライブインで見た映画を思わせる傑作だ。血なまぐさくて、面白くて、正視に耐えない作品だ。しかし、スクリーンから目を離せない作品でもある」と絶賛するツイートを投稿した[17]

先住民族の支援を行うサバイバル・インターナショナルは本作における部族民の描写が植民地主義新植民地主義を強化するもので、先住民族に野蛮というスティグマを押しつけているという主旨の批判声明を出した。これに対し、ロスは「劇中で石油会社が部族の村を破壊しているからという理由で、架空の部族についてのフィクション作品が先住民を傷つけるという発想は単純に言って非常識だ。」「石油会社は私の映画の先住民族が嫌いだから油田を開発するのではなく、そこに石油が埋蔵されているから油田を開発するのである。」「私の作品が石油会社に先住民族の暮らしを破壊するための大義名分を与えているという主張は見当違いの怒りである」と応答している[18]

続編[編集]

2013年9月7日、『Beyond the Green Inferno』というタイトルで続編が製作されることが発表された。監督はニコラス・ロペスが務めるという発表もあったが、正式に製作段階に入ったという発表はまだない[19][20]

出典[編集]

  1. ^ THE GREEN INFERNO”. BBFC. 2017年4月25日閲覧。
  2. ^ a b The Green Inferno”. Box Office Mojo. 2017年4月25日閲覧。
  3. ^ 映画『グリーン・インフェルノ』オフィシャルサイト INTRODUCTION”. 2018年2月8日閲覧。
  4. ^ Worldview Financing Thriller 'The Green Inferno' Directed by Eli Roth”. 2017年4月25日閲覧。
  5. ^ Eli Roth returns to directing with horror thriller 'The Green Inferno'”. 2017年4月25日閲覧。
  6. ^ Eli Roth's 'Green Inferno' full cast announced”. 2017年4月25日閲覧。
  7. ^ Eli Roth Borrows Werner Herzog’s Tactics to Shoot Cannibal Movie ‘The Green Inferno’”. 2017年4月25日閲覧。
  8. ^ Eli Roth on the Horrors of The Green Inferno”. 2017年4月25日閲覧。
  9. ^ イーライ・ロスの食人ホラー『ザ・グリーン・インフェルノ』から本編映像が公開!【動画】”. AOL news. 2017年4月25日閲覧。
  10. ^ Open Road To Bow ‘The Green Inferno’ On September 5”. 2017年4月25日閲覧。
  11. ^ Worldview Woes Take Eli Roth Amazon Cannibal Tale ‘Green Inferno’ Off Menu”. 2017年4月25日閲覧。
  12. ^ Stanley Film Festival ’15: An Exclusive Q&A with SFF Programmer Landon Zakheim, Part Two”. 2017年4月25日閲覧。
  13. ^ Eli Roth’s ‘Green Inferno’ To Finally Bow Sept. 25 Via Blumhouse BH Tilt, Uni & High Top”. 2017年4月25日閲覧。
  14. ^ September 25-27, 2015”. Box Office Mojo. 2017年4月25日閲覧。
  15. ^ The Green Inferno 2015”. Metacritic. 2017年4月25日閲覧。
  16. ^ ‘Hotel Transylvania 2’ At $48.5M Marks Record Opening For Adam Sandler; ‘Intern’ Slacks On Sunday – Monday Postmortem”. Deadline. 2017年4月25日閲覧。
  17. ^ 11:18 - 2015年9月18日”. 2017年4月25日閲覧。
  18. ^ Eli Roth Faces Off With Tribal Rights Campaigners Over Cannibal Film”. 2017年4月25日閲覧。
  19. ^ Toronto: Eli Roth Sets Sequel 'Beyond the Green Inferno' (Exclusive)”. 2017年4月25日閲覧。
  20. ^ Eli Roth is still developing a sequel to The Green Inferno”. 2017年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]