グリーンエナジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テンプレートを表示

歴史[編集]

2001年に設立された[1]ダイオキシン対策特別措置法により、規制をクリアできる焼却炉の開発に成功した[2]

食品大手企業に設備を納入できたことにより、食品廃棄物の焼却処理需要が主力となった[2]

その後、自治体からの投資を基に、使用済み紙おむつや食品廃油脂[3]汚泥の燃焼処理装置の開発を始めた[2]

2007年6月22日、異分野連携新事業分野開拓計画が認定された[4]。同年12月15日付けで本社を現在地に移転した[5]

2008年には、朝田商会との、廃棄物処理・リサイクルシステム「ACE燃焼装置シリーズ」が第11回日食優秀食品機械資材・素材賞<機械部門>を受賞した[6]

2011年の東北地方太平洋沖地震後、同社のバイオマスボイラーを利用

2016年4月にバイオマスコークスを利用したバイオマスボイラーを開発し、新たな事業構築を行う。

2016年9月にアーク放電による、廃棄物無害化システムの企業と提携する。


事業内容[編集]

支援・参加団体[編集]

  • (独)中小企業基盤整備機構
  • (財)にいがた産業創造機
  • (社)日本エネルギー学会バイオマス部会会員
  • 新潟県農業技術総合研究所
  • 新潟県食品研究センター
  • 新潟県食品技術研究会会員
  • 新潟県医療・健康産業創造協議会

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 事業所情報紙はたログ その15 (PDF)”. 十日町市. 2012年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c 株式会社グリーンエナジー (PDF)”. 経済産業省関東経済産業局. 2012年8月17日閲覧。
  3. ^ 紙おむつ/食品廃油脂用燃焼装置・処理サービスの事業化 (PDF)”. 経済産業省関東経済産業局. 2012年8月17日閲覧。
  4. ^ 株式会社 グリーンエナジーの新連携計画の認定について”. 第四銀行 (2007年6月22日). 2012年8月17日閲覧。
  5. ^ グリーンエナジー、15日付で本社移転”. 日本食糧新聞 (2007年12月12日). 2012年8月17日閲覧。
  6. ^ 第11回日食優秀食品機械資材・素材賞”. 日本食糧新聞社. 2012年9月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]