グリエルモ・エピファーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グリエルモ・エピファーニ
Guglielmo Epifani
Guglielmo Epifani crop.jpg
生年月日 (1950-03-24) 1950年3月24日
出生地 イタリアの旗 イタリアラツィオ州ローマ県ローマ
没年月日 2021年6月7日(2021-06-07)(71歳)
出身校 ローマ・ラ・サピエンツァ大学
所属政党 民主党(2007-)
左翼民主主義者(1998-2007)
社会党(1979-1994)
公式サイト Guglielmo Epifani

在任期間 2013年5月11日 - 2013年12月13日

イタリアの旗 第7代 イタリア労働総同盟書記長
在任期間 2002年9月12日 - 2010年11月3日
テンプレートを表示

グリエルモ・エピファーニイタリア語: Guglielmo Epifani, 1950年3月24日 - 2021年6月7日)は、イタリア政治家労働運動家。代議院議員(1期)。民主党書記長(第4代)、イタリア労働総同盟書記長(第7代)を務めた。

概要[編集]

2002年、イタリア最大の労働組合であるイタリア労働総同盟の書記長に就任。2013年のイタリア総選挙において民主党から出馬、下院議員に当選する。

2013年、総選挙後の混乱でピエル・ルイジ・ベルサーニが書記長を辞任。後継書記長に選出されるも、任期満了に伴う12月の書記長選挙には出馬せず、退任した。

2021年6月7日、71歳で死去[1]

人物[編集]

民主党書記長在任中、エンリコ・レッタ政権の連立パートナーである自由の人民シルヴィオ・ベルルスコーニが脱税事件で有罪判決を受けたときに、政界引退を求めた[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


党職
先代
ピエル・ルイジ・ベルサーニ
イタリアの旗 民主党書記長
第4代:2013
次代
マッテオ・レンツィ
その他の役職
先代
w:Sergio Cofferati
イタリアの旗 イタリア労働総同盟書記長
第7代:2002 - 2010
次代
w:Susanna Camusso


]