グラン=フジュレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Grand-Fougeray
Blason ville fr Grand Fougeray-(Ille et Vilaine).svg

Grand-Fougeray mairie.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) イル=エ=ヴィレーヌ県Blason département fr Ille-et-Vilaine.svg
(arrondissement) ルドン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 35124
郵便番号 35390
市長任期 アラン・ダヴィド
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:communauté de communes du Grand-Fougeray
人口動態
人口 2 370人
2011年
人口密度 43人/km2
住民の呼称 Fulkerien
地理
座標 北緯47度43分26秒 西経1度43分55秒 / 北緯47.7238888889度 西経1.73194444444度 / 47.7238888889; -1.73194444444座標: 北緯47度43分26秒 西経1度43分55秒 / 北緯47.7238888889度 西経1.73194444444度 / 47.7238888889; -1.73194444444
標高 平均:60m
最低:3 m
最高:92 m
面積 55.42km2 (5 542ha)
Grand-Fougerayの位置(フランス内)
Grand-Fougeray
Grand-Fougeray
公式サイト site de la commune
テンプレートを表示

グラン=フジュレGrand-Fougeray)は、フランスブルターニュ地域圏イル=エ=ヴィレーヌ県コミューン

2010年より、グラン=フジュレはヴィラージュ・エタプ(fr、主要道の近くにある人口5000人以下のコミューンに与えられる公式ラベル)を与えられている。

由来[編集]

グラン=フジュレの語源は、ラテン語のfilicalia(シダ植物)に、もともとはガロ=ローマ由来の接尾辞-acumがついたものである[1]

歴史[編集]

851年、ブルターニュ王エリスポエ(fr)の軍と西フランク王シャルル2世の軍が激突したジャングランの戦いは、現在のグラン=フジュレで発生した。

コミューンの住民は、フランス革命の後、特に恐怖政治が終わった後の変化を好意的に受けとめた。第一の革命的祭典は、王族や無政府主義への憎悪の誓いを伴いルイ16世の処刑を記念するもので、1795年から祝われていた[2]フランス第一共和政の創設が毎年祝われている。

1847年、コミューンの名はフジュレからグラン=フジュレに変更された。

1864年11月、西部鉄道によってフジュレ-ランゴン駅が開業した[3]。路線の開業から2年後であった。駅はヴィレーヌ川の右岸、ポン・ド・ラ・フォス近くに建設された[4]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
2311 2219 2008 2032 1995 1970 2211 2370

参照元:1999年までEHESS[5]、2000年以降INSEE[6][7]

史跡[編集]

  • 13世紀に建てられた城はダンジョンを残すのみとなっている。ダンジョンは通常『デュ・ゲクラン塔』と呼ばれている。1354年に初めて城を攻略したベルトラン・デュ・ゲクランにちなんでいる。1913年1月より閉鎖されている[8]
  • 旧裁判所 - 16世紀のハーフティンバーの住宅。現在はグラン=フジュレ自治体間連合が使用している[9]
  • 15世紀の十字架

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Grand-Fougeray sur infobretagne.com
  2. ^ Louis Dubreuil, « Fêtes révolutionnaires en Ille-et-Vilaine », in fr:Annales de Bretagne, volume 21, tome 4, 1905, p. 398-399
  3. ^ Jean-Pierre Nennig, « 421+568 - Gare de Fougeray-Langon », dans Le chemin de fer de Bretagne Sud, JPN éditions, 2008 ISBN 9782951989856, p. 66
  4. ^ Adolphe Laurent Joanne, « De Rennes à Nantes », dans Itinéraire général de la France : Bretagne, L. Hachette, 1867, pp. 362-363 intégral en ligne (consulté le 30 novembre 2010).
  5. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=14449
  6. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  7. ^ http://www.insee.fr
  8. ^ http://www.culture.gouv.fr/public/mistral/merimee_fr?ACTION=CHERCHER&FIELD_1=REF&VALUE_1=PA00090585
  9. ^ http://www.culture.gouv.fr/public/mistral/merimee_fr?ACTION=CHERCHER&FIELD_1=REF&VALUE_1=PA00090586