グラント・ウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自画像(1925年)

グラント・ウッド(Grant Wood, 1891年2月13日 - 1942年2月12日)はアメリカ合衆国アイオワ州出身の画家。近代の造形意識による精緻な写実様式に特徴がある。

略歴[編集]

アイオワ州ジョーンズ郡のアナモサのクエーカーの農場主の家に生まれた。1901年に父親を亡くし、家族シーダーラピッズに移った。地元の金属会社で働くが、絵に才能と興味を示し、ミネアポリスの工芸学校(Handicraft Guild)に学び、1913年からシカゴの美術学校の夜間コースで学ぶが卒業できなかった。第一次世界大戦中は陸軍で、軍用車両の迷彩のデザインの仕事をした。退役後はシーダーラピッズに戻り、中学校の美術教師となった。

1920年の夏、友人の画家コーン(Marvin Cone)とパリを旅し、1923年から1924年の間、パリの美術学校、アカデミー・ジュリアンで学び、イタリアのソレントを旅した。パリで1926年の夏、展覧会を開くが成功しなかった。ヨーロッパでは、印象派などの、さまざまな絵画スタイルに親しんだが、ヤン・ファン・エイクなどの、伝統的なオランダ絵画に強い印象をもった。

1927年に、シーダーラピッズの退役軍人記念館の大きなステンドグラスを依頼され、この仕事のために1928年にミュンヘンを訪れたのが最後のヨーロッパ旅行となった。美術館のアルテ・ピナコテークをしばしば訪れ、ゴシック様式やルネッサンス初期の絵画を学んだ。

1933年に芸術家村「Stone City Art Colony」を設立し、大不況下の芸術家のために貢献し、1934年からはアイオワ大学の美術学校で講師を務めた。

作品[編集]

Midnight Ride of Paul Revere (1931) 
「革命の娘たち」 (1932) 
Parson Weems' Fable (1939) 

外部リンク[編集]