グッド・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グッド・ガール
The Good Girl
監督 ミゲル・アルテタ
脚本 マイク・ホワイト
製作 マシュー・グリーンフィールド
製作総指揮 キャロル・バウム
カーク・ダミコ
フィリップ・フォン・アルヴェンスレベン
出演者 ジェニファー・アニストン
ジェイク・ジレンホール
音楽 アンドリュー・グロス
撮影 エンリケ・シャディアック
編集 ジェフ・ベタンコート
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年8月7日
日本の旗 2004年4月17日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
オランダの旗 オランダ
言語 英語
製作費 $5,000,000
興行収入 $16,856,124[1]
テンプレートを表示

グッド・ガール』(原題: The Good Girl)は2002年アメリカ映画ジェニファー・アニストン主演のブラック・コメディ。

ストーリー[編集]

テキサスの田舎町で平凡な主婦またディスカウトストアの店員として暮らすジャスティン(ジェニファー・アニストン)。塗装業の夫フィル(ジョン・C・ライリー)との生活は退屈で、せめて子どもがほしいと願っているのになかなか叶わない。

ある日、新しくレジ係に雇われた文学青年ホールデン(ジェイク・ジレンホール)と親しくなったジャスティンは、心の空虚さを埋めるように彼との不倫に奔る。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ The Good Girl”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]