クロヴィス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロヴィス2世

クロヴィス2世(Clovis II, 637年 - 657/8年11月27日)は、メロヴィング朝の5代目の国王(在位:639年 - 658年)。

生涯[編集]

ダゴベルト1世と王妃ナンティルドとの息子。異母兄にアウストラシア王シギベルト3世がいる。

父が639年に死去したため、ネウストリア=ブルグンドの王として即位。幼少であったため、母のナンティルドは彼女が死ぬ642年まで摂政として宮宰アエガとともに統治した[1][2]。宮宰アエガの死後は、ダゴベルト1世の母ベルテトルドの親戚にあたるエルキノアルドが宮宰となったが[2]649年にクロヴィス2世の王妃となったバルティルドは、アングロサクソン人の奴隷出身であり、かつてエルキノアルドの家内奴隷であったため、エルキノアルドは宮廷内で15年にわたり強い影響力を保持した[3]

657年もしくは658年に死去、サン=ドニ大聖堂に埋葬された。

クロヴィス2世の死後、息子クロタール3世が即位し、王妃バルティルドが摂政となった[4]。バルティルドはネウストリア中心の中央政権政策を試み、ブルグンド王国の自立をはかった司教の抹殺を行ったとされる[4]。世俗の貴族と変わらない生活を送る司教に圧力をかけ、司教権力下にあった修道院を保護、重視する政策が、後の修道院の大領主化の制度的起源となった[4]。バルティルドはクロタール3世が成年に達した662年に、宮宰エブロインにより、自身の建てたシェル修道院に追放され[2]、そこで死去した[5]

子女[編集]

649年アングロサクソン人奴隷であったバルティルドを妻にし、3男をもうけた[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柴田 他、p. 148
  2. ^ a b c ル・ジャン、p. 31
  3. ^ 柴田 他、p. 148-149
  4. ^ a b c 柴田 他、p. 149
  5. ^ 柴田 他、p. 150
  6. ^ 柴田 他、付録p. 81

参考文献[編集]

  • 柴田三千雄 他 編『世界歴史大系 フランス史 1』山川出版社、1995年
  • レジーヌ・ル・ジャン 『メロヴィング朝』 白水社、2009年

関連項目[編集]

先代:
ダゴベルト1世
フランク
5代
639年 - 658年
次代:
クロタール3世