クロロフルオロメタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロロフルオロメタン
識別情報
CAS登録番号 593-70-4
PubChem 11643
EC番号 209-803-2
KEGG C19362 チェック
特性
化学式 CH2ClF
モル質量 68.48 g/mol
外観 Gas
密度 1.271 kg/m3 at 20°C
融点

-133.0 °C

沸点

-9.1 °C

kH 0.15 mol.kg-1.bar-1
危険性
主な危険性 発癌性
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロロフルオロメタン(Chlorofluoromethane)とは、化学式がCH2ClFのハロアルカンフッ化塩化メチレン(Methylene chloride fluoride)、フロン31(Freon 31)などとも呼ばれる。

結晶構造単斜晶系で、空間群はP21格子定数a = 6.7676, b = 4.1477, c = 5.0206 (.10-1 nm), β = 108.205°[1]

高度22kmではクロロフルオロメタンが微量(148 ppt)に生成している[2]

冷媒に使われているが、オゾン破壊係数は0.02である。

脚注[編集]

  1. ^ Binbrek O. S., Torrie B. H., Swainson I. P. (2002). “Neutron powder-profile study of chlorofluoromethane”. Acta Crystallographica C 58 (11): 672–674. doi:10.1107/S0108270102017328. PMID 12415178. 
  2. ^ C. Lippens et al. (1981). “Atmospheric nitric acid and chlorofluoromethane 11 from interferometric spectra obtained at the Observatoire du Pic du Midi”. Journal of Optics 12 (5): 331–336. doi:10.1088/0150-536X/12/5/007. 

外部リンク[編集]