クロルピリホス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロルピリホス
識別情報
CAS登録番号 2921-88-2
KEGG D07688
特性
化学式 C9H11Cl3NO3PS
モル質量 350.6
外観 1.398, 液体 (43.5 °C)
融点

41~42

沸点

160 (分解)

出典
ICSC, kis-net
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロルピリホス(Chlorpyrifos)は、有機リン化合物である。コリンエステラーゼ阻害作用を持ち、殺虫効果を持つことから農薬シロアリ駆除などに用いられる。IUPAC系統名は、チオリン酸=O-(3,5,6-トリクロロピリジン-2-イル)=O,O-ジエチル O,O-diethyl O-(3,5,6-trichloropyridin-2-yl) thiophosphate である。2008年2月26日、中国製の冷凍食品から検出されたことが判明。

危険性[編集]

毒性をラットの半数致死量(LD50)で表すと、経口投与の場合は82 mg/kg、経皮投与の場合は202 mg/kgである[1]。また、160 °C以上に加熱すると、分解して塩化水素ホスゲンリン酸化物窒素酸化物硫黄酸化物を含む有毒で腐食性の蒸気が生成するため危険である[2]

法的規制[編集]

日本では、シックハウス症候群への対策として、居室を有する建築物へのクロルピリホスを含んだ建材の使用が、建築基準法の改正により2003年(平成15年)から禁じられた[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]