クロッソソマ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロッソソマ科
Crossosoma californicum.jpg
Crossosoma californicum
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: クロッソソマ科 Crossosomataceae

本文参照

クロッソソマ科(Crossosomataceae)は双子葉植物の科で、アメリカ合衆国南西部からメキシコにかけての乾燥地に落葉低木10種ほどが分布し、ApacheriaCrossosomaGlossopetalonの3属に分類される。は単生で、4または5数性、雄蕊は多数あり、1-5心皮が離生する。果実は袋果。クロンキスト体系ではバラ目に分類されていたが、APG植物分類体系ではミツバウツギ科キブシ科(従来はそれぞれ別系統とされていた)とともにクロッソソマ目に入れられている。