クルブーシャン・カルバンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クルブーシャン・カルバンダー
Kulbhushan Kharbanda
Kulbhushan Kharbanda
クルブーシャン・カルバンダー(2012年)
生年月日 (1944-10-21) 1944年10月21日(75歳)
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国 パンジャーブ管区英語版ハサン・アブダル英語版
職業 俳優
活動期間 1974年-
配偶者 マヘーシュワリー・デヴィ・カルバンダー(1965年-)
テンプレートを表示

クルブーシャン・カルバンダー(Kulbhushan Kharbanda、1944年10月21日 - )は、インドヒンディー語映画パンジャーブ語映画英語版で活動する俳優。1974年にサーイ・パランジパーイー英語版の『Jadu Ka Shankh』で映画デビューする。代表的な作品としてマヘーシュ・バット英語版の『Arth』『Ek Chadar Maili Si』、ディーパ・メータエレメント三部作英語版(『炎の二人』『Earth』『とらわれの水』)がある[1]

キャリア[編集]

カルバンダーは大学時代の友人と共に劇団「アビヤーン」を結成し、1964年にジョイ・マイケルが結成したデリーの劇団「ヤートリク」に参加した。彼は劇団所属の俳優として収入を得るようになるが、数年後に「ヤートリク」は解散してしまう[2][3][4]。1974年にコルカタに移住し、シャマナンド・ジャラン英語版の劇団に参加した。同劇団で活動した後にムンバイに移住して映画俳優の道に進む[5][6]

1975年にシャーム・ベネガル英語版の『Nishant』に出演し、立て続けに『Manthan』『Bhumika』『Junoon』『Kalyug』に起用された。1977年にB・V・カラント英語版の『Godhuli』に出演してからはパラレル映画の常連俳優になった。1980年にラメーシュ・シッピーの『Shaan』でシャカール役(『007シリーズ』のエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドをモデルにしたキャラクター[7])を演じたことで知名度を上げ[8][9]、『Ghayal』『Jo Jeeta Wohi Sikandar』『Gupt: The Hidden Truth』『デザート・フォース英語版』『Yes Boss』『Refugee』などの主流映画に出演するようになった。その一方、『Chakra』『Arth』などの芸術映画への出演も続け、1984年にはブッダデーブ・ダースグプタのヒンディー語映画デビュー作『Andhi Gali』に出演した[10]。パンジャーブ語映画にも出演しており、代表作には『Chann Pardesi』『Mahaul Theek Hai』がある。

フィルモグラフィ[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Adieu to stereotypes”. The Hindu (Chennai, India). (2000年10月20日). http://www.hindu.com/2000/10/20/stories/0920022g.htm 2020年1月16日閲覧。 
  2. ^ “Joy de vivre”. The Hindu. (2010年3月4日). http://www.thehindu.com/arts/article145740.ece 2020年1月16日閲覧。 
  3. ^ “40 Years, and Still Travelling”. Indian Express. (2003年8月8日). http://cities.expressindia.com/fullstory.php?newsid=59921 2020年1月16日閲覧。 
  4. ^ “The stage is set...”. The Hindu. (2005年8月4日). http://www.hinduonnet.com/thehindu/thscrip/print.pl?file=2005080400780100.htm&date=2005/08/04/&prd=mp& 2020年1月16日閲覧。 
  5. ^ “Calcutta, home to Hindi Theatre”. The Hindu. (1997年10月29日). オリジナルの2011年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110725211658/http://www.cscsarchive.org:8081/MediaArchive/advertise.nsf/%28docid%29/70B426B140A9AA74652569420029534A 
  6. ^ Usha Ganguly”. mumbaitheatreguide.com (2006年11月). 2020年1月16日閲覧。
  7. ^ A homage to G P Sippy”. Bollywood Hungama, Screen (2008年1月5日). 2008年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月16日閲覧。
  8. ^ “Down movie lane”. The Tribune. (2006年7月1日). http://www.tribuneindia.com/2006/20060701/ttlife.htm#6 2020年1月16日閲覧。 
  9. ^ “Bollywood's villains we love to hate”. CNN-IBN. http://ibnlive.in.com/photogallery/2701-7.html 2020年1月16日閲覧。 
  10. ^ “I'm making a Hindi film: Buddhadeb”. The Times of India. (2010年12月10日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2010-12-10/news-interviews/28223666_1_hindi-film-bengali-film-children-s-film-society 2020年1月16日閲覧。 

外部リンク[編集]