クルト・ツァイツラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クルト・ツァイツラー
Bundesarchiv Bild 101I-185-0118-14, Oberst Kurt Zeitzler.jpg
ツァイツラー大佐(1941年)
外国語 Kurt Zeitzler
生誕 1895年6月9日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flag of Prussia (1892-1918).svg プロイセン王国 ブランデンブルク州ゴスマー
死没 1963年9月25日(満68歳没)
西ドイツの旗 西ドイツ
バイエルン州の旗 バイエルン州キームガウ地方ホーエンアシャウ
所属組織 War Ensign of Germany 1903-1918.svg ドイツ帝国陸軍
Flag of Weimar Republic (war).svg ヴァイマル共和国軍
Balkenkreuz.svg ドイツ国防軍陸軍
軍歴 1914年 - 1945年
最終階級 上級大将
テンプレートを表示

クルト・ツァイツラー(Kurt Zeitzler, 1895年6月9日 - 1963年9月25日)は、ドイツ軍人第二次世界大戦中に参謀総長を務めた。

経歴[編集]

ドイツ軍に入隊[編集]

ブランデンブルク州ゴスマー(現ハイデンブリック市)の牧師の家庭に生まれる。第一次世界大戦勃発直前の1914年3月23日にドイツ陸軍へ入隊し、テューリンゲン第4歩兵連隊に配属された。大戦勃発後の1914年12月に中尉に昇進し、連隊副官で敗戦を迎える。

ヴァイマル共和国では10万人に削減されたヴァイマル共和国軍に残り、第18歩兵連隊で大隊副官や小隊長を務め、1928年1月に大尉に昇進。1929年に第3師団参謀に配属され第9歩兵連隊中隊長を兼務し、1934年に少佐に昇進。1937年1月に陸軍総司令部に配属され、中佐に昇進。1939年4月に第60歩兵連隊長に任命され、6月1月に大佐に昇進。

ドイツ軍参謀総長[編集]

第二次世界大戦勃発とともに第14軍第22軍団参謀長となり、ポーランド侵攻に従軍。1940年3月にエヴァルト・フォン・クライストのA装甲集団参謀長となり[1]西方電撃戦バルカン半島の戦いバルバロッサ作戦に従軍。1941年5月18日、戦功により騎士鉄十字章を授与される。同年10月、第1装甲軍参謀長に任命され、開戦初頭にソ連軍を分断して快進撃を続けた[2]。ツァイツラーは部隊の進撃を維持するため兵站確保に最善を尽くし、上官であるクライストから称賛を受けた[3]

1942年2月に少将に昇進し、4月にはゲルト・フォン・ルントシュテットのD軍集団参謀長に任命される。同年9月24日に歩兵大将に昇進し、アドルフ・ヒトラーと対立して更迭されたフランツ・ハルダーの後任として陸軍参謀総長に任命される[4]。ツァイツラーの参謀総長就任は、彼の報告が楽観的な調子に満ちていることをヒトラーに買われてのもので、序列からいえばきわめて異例な人事だった。彼は組織運用と兵站確保に能力を発揮したが、最終的にヒトラーの無理難題に悩まされることになった。

参謀総長就任直後のスターリングラード攻防戦においては、ツァイツラーはスターリングラードに包囲されたフリードリヒ・パウルスの第6軍の脱出を具申し、心労のあまり飢える第6軍の兵士たちと同量の食事しか摂らず痩せ細ったが、ヒトラーは最後まで第6軍の撤退・救出を拒み、マルティン・ボルマンから彼がダイエット中と説明されたため、「ダイエット」をやめるよう命じたという。しかし、第6軍の降伏後、モスクワおよびレニングラード前面からの後退を勧めたツァイツラーの具申は受け入れられた。

1944年1月30日にアルフレート・ヨードルと共に上級大将に昇進。しかし、ツァイツラーが担当する東部戦線の戦局は日に日に悪化し、クリミア半島を失いクルスク攻勢も成功しなかった。また、西部戦線でも6月6日、連合軍ノルマンディー上陸作戦を決行した。強気のヒトラーとは対照的に、戦線維持に悲観的だったツァイツラーは自らの参謀長解任を申し出たが、ヒトラーに拒まれた[5]。1944年6月9日、ベルヒテスガーデンのベルクホーフ山荘でヒトラーと戦況を協議していたツァイツラーは発作で倒れた(神経衰弱に陥ったツァイツラーが無断でベルクホーフを立ち去ったため、病気ということにされたともいう)。翌月10日にツァイツラーは解任され、後任にハインツ・グデーリアンが任命されるまでアドルフ・ホイジンガーが職務を代行した。

晩年[編集]

参謀総長解任と同時期に、副官のギュンター・スメントドイツ語版からヒトラー暗殺計画に加わるよう説得を受けたが拒否している。7月20日事件が発生し、スメントは逮捕され処刑されたが、ツァイツラーはそのためにヒトラーに対して手紙を送り改めて忠誠を宣誓した。1945年1月31日にドイツ国防軍を退役するが、ヒトラーの命令で、以後軍服の着用を禁止される。この命令に対してルントシュテットとアルベルト・シュペーアが撤回を求めるが、ヒトラーに拒否されている。

終戦後はイギリス軍の捕虜となり、ニュルンベルク裁判に証人として出廷した後、1947年2月に釈放。釈放後はアメリカ陸軍戦史研究部ドイツ支所ドイツ語版に勤務した[6]。1963年に肺癌を患い、バイエルン州キームガウ地方のホーエンアシャウで死去した[7]

出典[編集]

  1. ^ Liddell Hart p. 57
  2. ^ Liddell Hart p. 58
  3. ^ Liddell Hart p. 58
  4. ^ Adam, Wilhelm; Ruhle, Otto Tony Le Tissier訳 (2015). With Paulus at Stalingrad. Pen and Sword Books Ltd.. p. 78. ISBN 9781473833869. 
  5. ^ Guderian 1952, p. 341.
  6. ^ Othmar Hackl: Generalstab, Generalstabsdienst und Generalstabsausbildung in der Reichswehr und Wehrmacht 1919–1945. Studien deutscher Generale und Generalstabsoffiziere in der Historical Division der US Army in Europa 1946–1961. Biblio, Osnabrück 1999, ISBN 3-7648-2551-0, S. 67 ff.
  7. ^ Der Spiegel. 40/1963: Gestorben

参考文献[編集]

  • Beevor, Antony Stalingrad New York, NY: Viking, 1998.
  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) [1986] (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 — Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Liddell Hart, B.H. The German Generals Talk. New York, NY: Morrow, 1948.
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Militaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Shirer, William L. The rise and fall of the Third Reich; a history of Nazi Germany New York, NY: Simon and Schuster, 1960.
  • Friedrich-Christian Stahl: Generaloberst Kurt Zeitzler. In: Gerd R. Ueberschär (Hrsg.): Hitlers militärische Elite. Vom Kriegsbeginn bis zum Weltkriegsende. Band 2. Primus, Darmstadt 1998, ISBN 3-89678-089-1, S. 283-292.
軍職
先代:
フランツ・ハルダー
Balkenkreuz.svg ドイツ陸軍参謀総長
1942年 - 1944年
次代:
ハインツ・グデーリアン