エリダヌス座ベータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クルサから転送)
移動先: 案内検索
エリダヌス座β星[1]
Beta Eridani
仮符号・別名 クルサ[2], Cursa[3][4]
星座 エリダヌス座
視等級 (V) 2.79 [1]
2.72 - 2.80(変光)[5]
変光星型 疑わしい[5]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 05h 07m 50.98549s[1]
赤緯 (Dec, δ) -05° 05′ 11.2055″[1]
赤方偏移 -0.000020[1]
視線速度 (Rv) -6.00 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -82.82 ミリ秒/年[1]
赤緯: -75.39 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 36.50 ± 0.42 ミリ秒[1]
距離 89.36 ± 1.04 光年[注 1]
(27.40 ± 0.32パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 0.601[注 2]
Eridanus IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
β星の位置
物理的性質
半径 3 R[6]
質量 2.5 M[6]
スペクトル分類 A3IV[1]
表面温度 8,360 K[6]
色指数 (B-V) +0.13[7]
色指数 (U-B) +0.10[7]
色指数 (R-I) +0.08[7]
別名称
別名称
エリダヌス座67番星[1],
BD -05 1162[1],
FK5 188[1], GJ 9175[1],
HD 33111[1],
HIP 23875[1], HR 1666[1],
SAO 131794[1],
NSV 1841[1]
■Project ■Template

エリダヌス座β星は、エリダヌス座恒星で3等星。エリダヌス座の北東の端に位置する。

概要[編集]

位置と軌道からおおぐま座運動星団の一員と考えられていたが、光学的な特徴から単なる闖入者であることが示されている[8]

1985年に2時間以上に亘って3等級の増光が観測された[6]フレアによるものと考えられているが、そのメカニズムについてはよくわかっていない[6]

名称[編集]

β Eridani(略称はβ Eri)。固有名クルサ[2] (Cursa[3][4])は、アラビア語kursiy al-Jauzāʾ al-muqaddam(ジャウザーの前側の足台)を語源としている[3]。2016年7月20日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Cursa をエリダヌス座β星の固有名として正式に承認した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t SIMBAD Astronomical Database”. Results for Beta Eri. 2016年11月5日閲覧。
  2. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、217頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 36. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月5日閲覧。
  5. ^ a b NSV”. Results for NSV 1841. 2016年11月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e Jim Kaler. “Cursa”. STARS. 2016年11月5日閲覧。
  7. ^ a b c 輝星星表第5版
  8. ^ King, Jeremy R.; Villarreal, Adam R.; Soderblom, David R.; Gulliver, Austin F.; Adelman, Saul J. (2003). “Stellar Kinematic Groups. II. A Reexamination of the Membership, Activity, and Age of the Ursa Major Group”. The Astronomical Journal 125 (4): 1980–2017. doi:10.1086/368241. ISSN 00046256. 

外部リンク[編集]