クリンチ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリンチ山 Gunung Kerinci
Mount Kerinci from Kayuaro.jpg
クリンチ山(2008年3月)
標高 3805 m
所在地  インドネシアスマトラ島
西スマトラ州ジャンビ州
位置 南緯1度41分48秒
東経101度15分56秒
座標: 南緯1度41分48秒 東経101度15分56秒
種類 成層火山
最新噴火 2013年
初登頂 1877年、by von Hasselt and Veth
クリンチ山の位置(スマトラ島内)
クリンチ山
クリンチ山
クリンチ山の位置(スマトラ島
クリンチ山の位置(インドネシア内)
クリンチ山
クリンチ山
クリンチ山の位置(インドネシア
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

クリンチ山インドネシア語: Gunung Kerinci , 英語: Mount Kerinci)は、インドネシアスマトラ島にある標高3805mの活火山である。ケリンチ山

概説[編集]

西スマトラ州の州都パダンの南東約130km、ジャンビ州との境にそびえる。同島の脊梁をなすバリサーン山脈の中心で、イリアンジャヤニューギニア島西部)を除く同国の最高峰でもある。安山岩質の成層火山で、山容は美しく、「神の永住地」とよばれる。別名インドラプラ(Indrapura)火山。

1838年以降十数回の噴火記録があり[1]、近年では2009年に噴火、2011年にも火山活動が活発化した。2013年6月3日、4年ぶりに噴火し、山麓の村々は厚い火山灰に覆われた。[2]

3200m付近が森林限界で、2000m付近には小さな火口湖がある。山麓一帯は土壌が肥沃で[3]コーヒー園や畑が開かれている。温泉があり、地熱発電が計画されたこともある。[4]

周辺一帯はクリンチ・スブラット国立公園id:Taman Nasional Kerinci Seblat)となっており、スマトラの熱帯雨林遺産として2004年世界遺産に登録された。

ギャラリー
クリンチ山の噴火口(1996年8月) 

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]