クリュティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『クリュティエ』ニコラ・コロンベル

クリュティエ(Clytie、[ˈklti]ギリシア語: Κλυτίη)は、ギリシア神話オーケアノステーテュースの娘である水のニュンペー[1]。彼女はヘーリオスに実らない愛を注いだ[2]。その愛は彼女の一方的な慕情[3]とも、ヘーリオスを恨んだアプロディーテの謀略に歪められた悲恋[4]とも物語られ、結果、クリュティエはやつれ死にし一輪の花となる。その花はヒマワリヘリオトロープキンセンカなどと伝えられる。神話の詳細についてはヘーリオスを参照されたい。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Her name appears in the long list of Oceanids in Hesiod, Theogony 346ff.
  2. ^ Two other minor personages name Clytie are noted: see Theoi Project: Clytie.
  3. ^ トマス・ブルフィンチ『ギリシア・ローマ神話』193頁 角川文庫
  4. ^ オウィディウス『変身物語』146頁 岩波文庫

外部リンク[編集]

Images of Clytie in the Warburg Institute Iconographic Database