クリス・ヴァンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ヴァンス
Chris Vance
クリス・ヴァンスChris Vance
2010年
本名 George Christopher Vance
生年月日 1971年12月30日(44歳)
出生地 ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス

クリス・ヴァンスChris Vance,1971年12月30日 - )は、イギリスの俳優。

人物[編集]

ロンドン出身。

ニューカッスル大学土木工学の単位を取って卒業。

25歳まで技術者として働いていた。All SaintsのSean Everleigh役でブレイクする前からThe Billなどといった複数のテレビシリーズに出演してきた。

また、『プリズン・ブレイク』のシーズン3ではジェームズ・ウィスラーを演じた[1]

ロンドンである女性と出会った後、彼女の出生地オーストラリアへ移り、2003年結婚。しかし、2007年に離婚した[2]

2008年6月、『メンタル:癒しのカルテ』の撮影のため、コロンビアへ移った。

フランス系アメリカ人の女優ムーン・デイリー(本名 モニラ・デイリー)[3]と結婚し息子を授かる[4]も、離婚。離婚過程において複数のメディアがヴァンスの飲酒の問題や口頭虐待を報じる[5][6]が、それらは虚偽であるとTwitterで主張した[7]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]