クリス・ブラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ブラント Football pictogram.svg
Chris-Brunt-SWFC.jpg
名前
本名 クリストファー・ブラント
Christopher Brunt
ラテン文字 Chris Brunt
基本情報
国籍 北アイルランドの旗 北アイルランド
生年月日 (1984-12-14) 1984年12月14日(32歳)
出身地 ベルファスト
身長 187cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン
ポジション MF
背番号 11
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004 イングランドの旗 ミドルズブラ 0 (0)
2004 イングランドの旗 シェフィールド・ウェンズデイ (loan) 6 (2)
2004-2007 イングランドの旗 シェフィールド・ウェンズデイ 134 (21)
2007- イングランドの旗 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン 317 (42)
代表歴2
2004- 北アイルランドの旗 北アイルランド 61 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月30日現在。
2. 2017年9月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリストファー・ブラント(Christopher Brunt、1984年12月14日 - )は、北アイルランド出身のサッカー選手ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン所属。ポジションは左サイドのウィンガー、あるいは攻撃的ミッドフィールダー北アイルランド代表では左サイドバックとしてもプレーする。

クラブ経歴[編集]

北アイルランドベルファストの出身。父コリンはラグビーユニオンの選手だった[1]。ユース期をイングランドのミドルズブラで過ごすが、ファーストチームでの出場は無いままローン移籍したシェフィールド・ウェンズデイでプロデビューを飾る。そのままウェンズデイに完全移籍したブラントは3年半に渡り主力として活躍。2006–07シーズンにはチャンピオンシップで10ゴールを決め、翌2007-08シーズン開幕直後に同じくチャンピオンシップのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに引き抜かれた。移籍金は300万ポンドほどとみられる[2]。その後ウェスト・ブロムでは10年で300を超える試合に出場し、2008-09シーズンにはプレミアリーグで9得点、2010-11シーズンにはリーグ2位となる11アシストを記録している[1][3]スコット・カーソンの移籍後は、2015年のダレン・フレッチャー加入まで主将を務めた[4]

代表経歴[編集]

2004年より北アイルランド代表に選出。2009年の2010 FIFAワールドカップ予選サンマリノ戦でフリーキックからゴールを記録している[5]UEFA EURO 2016予選では左サイドバックとしてチームの同大会初出場に貢献するが、同年2月の十字靭帯負傷により本大会出場はならなかった[6]

2012年のロンドン五輪ではグレートブリテン代表の候補となったが、最終的には選出されなかった[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]