クリストファー・ランドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クリストファー・ランドンChristopher Guy Landon1911年3月26日 - 1961年4月26日)は、イギリスの作家。

人物[編集]

ケンブリッジのランシング・カレッジ、クレア・カレッジで医学を専攻した。1936年、インターンのとき、ロンドンの株式市場の取引員となり、1949年まで籍を置いた。第二次世界大戦北アフリカ戦線カッターラ低地でのエル・アラメインの戦いなど)、イラク、シリア、アラビア、パレスチナなどで活躍した。1944年、戦傷のために帰国。陸軍少佐まで昇進し、軍籍を離れて種々の職業を経て42歳で作家生活を始めたが、50歳でアルコール中毒などによりロンドン北部で亡くなった。

作品[編集]

  • A Flag in the City(1953年)
  • Stone Cold Dead in the Market(1955年)
  • Hornets'Nest(1956年)
  • Ice-Cold in Alex(1957年) - Host sands of Hellとも。「恐怖の砂」として映画化(主演ジョン・ミルズ、イギリス、1958年)
  • The Shadow of Time(1957年) - Unseen Enemyとも。丸谷才一訳『日時計』創元推理文庫
  • The Mirror Room(1960年)
  • Dead Men Rise Up Never(1963年)