クリスティナ・ボヘネク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティナ・ボヘネク

クリスティナ・ボヘネクポーランド語: Krystyna Maria Bochenek1953年6月30日 - 2010年4月10日[1]は、ポーランド政治家シロンスク県カトヴィツェ出身。

ポーランド共和国上院の副議長を2007年11月5日から務めていたが、2010年4月10日ポーランド空軍Tu-154墜落事故により亡くなっている。

出典[編集]

  1. ^ Senatorowie / Senatorowie / Senat Rzeczypospolitej Polskiej”. www.senat.gov.pl. 2019年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]