クリスティアン・フォン・ハノーファー (1885-1901)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアン
Christian
ハノーファー家
Prince Ernestus Augustus.jpg
クリスティアン(左)とエルンスト・アウグスト2世(1888年頃)
全名
出生 1885年7月4日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国グムンデン
死去 1901年9月3日(満16歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国グムンデン
父親 エルンスト・アウグスト2世
母親 ティーラ
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

クリスティアン・フォン・ハノーファー・ウント・クンバーラントドイツ語: Christian von Hannover und Cumberland, 1885年7月4日 - 1901年9月3日)は、ハノーファー王国の王族の子孫。ハノーファー王子およびカンバーランド公子、グレートブリテン及びアイルランド王子、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公。

生涯[編集]

1885年7月4日、ハノーファー王太子であったカンバーランド=テヴィオットデイル公エルンスト・アウグスト(2世)とその妃であったデンマーク王女ティーラクリスチャン9世の三女)の間に次男(第5子)としてオーストリア=ハンガリー帝国グムンデンで生まれた。

虫垂炎の適切な治療を受けられなかったことで腹膜炎を引き起こし、1901年9月3日、腹膜炎の進行が原因でグムンデンにおいて16歳で死去した。