クモマツマキチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クモマツマキチョウ
AnthocharisCardamines 2002Z.jpg
クモマツマキチョウ♂
分類
: 動物界 Animalia
: 足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: シロチョウ科 Pieridae
亜科 : シロチョウ亜科 Pierinae
: クモマツマキチョウ属 Anthocharis
: クモマツマキチョウ A. cardamines
学名
Anthocharis cardamines
(Linnaeus)
和名
クモマツマキチョウ
英名
The Orange Tip
亜種
  • 北アルプス・戸隠亜種
    A. c. isshikii(Matsumura)
  • 八ヶ岳・南アルプス亜種
    A. c. niphonica (Fujioka)
    [要検証]
  • 八ヶ岳・南アルプス亜種
    A. c. hayashii (Fujioka)

クモマツマキチョウ(雲間褄黄蝶 Anthocharis cardamines)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に分類されるチョウのひとつ。

概要[編集]

薄い白色の翅を持つチョウ。翅裏はツマキチョウと同じく草ずり模様になっている。ただし翅先は突出せず、全体的に丸みを帯びている。前翅先端は雄は鮮やかなオレンジ色、雌ではくすんだ灰色になる。また前翅中央に黒点があり、これが北アルプス亜種は丸く、南アルプス亜種は三日月形をしている。

いわゆる高山蝶のひとつで、大陸と陸続きになっていた氷河期に渡来してきたものが温暖化により国内の高山に逃げ延びたものである。したがって日本特産種ではない。これは他の高山蝶も同様である。

本種は日本のチョウ愛好家の間で非常に人気が高く、クモツキと呼ばれ親しまれている。

年一化で成虫は5月ごろから発生し、夏が終わると見られなくなる。越冬態は

分布[編集]

飛騨山脈赤石山脈妙高山戸隠山八ヶ岳、国外ではユーラシア大陸の亜高山帯に生息する。

保全状況評価[編集]

  • Anthocharis cardamines isshikii(Matsumura)北アルプス・戸隠亜種

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.svg
  • Anthocharis cardamines niphonica(Fujioka)八ヶ岳・南アルプス亜種[要検証]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.svg
  • Anthocharis cardamines hayashi(Fujioka)八ヶ岳・南アルプス亜種

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト

Status jenv VU.svg

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 牧林功解説、青山潤三写真『日本の蝶』成美堂出版〈ポケット図鑑〉、1994年。ISBN 4-415-08045-6
  • 『チョウの調べ方』日本環境動物昆虫学会編、今井長兵衛・石井実監修、文教出版、1998年。ISBN 4938489112OCLC 170389984