クマコケモモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウワウルシクロンキスト体系
Arctostaphylos-uva-ursi.JPG
ウワウルシ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: クマコケモモ属 Arctostaphylos
: クマコケモモ A. uva-ursi
学名
Arctostaphylos uva-ursi (L.) Spreng.
和名
クマコケモモ(熊苔桃)
英名
Uva-ursi(ウワウルシ)
Bearberry(ベアベリー)など
Arctostaphylos uva-ursi

クマコケモモ(熊苔桃 Arctostaphylos uva-ursi)はツツジ科の常緑低木。別名、ウバウルシウワウルシ。ウワウルシの名称は、種小名の「uva-ursi」(ウワ=ウルシ)が由来であり、ウルシ科の植物ではない。種小名の「uva-ursi」はラテン語の「クマブドウ」という意味で[1]、和名もこれが由来となっている。

特徴[編集]

北半球の原野や高山に自生する。高さ50cmほど。葉は矩形もしくは円形で2.5センチメートル程度になる[1]。 花期は春〜初夏で、釣鐘型をしたピンク色の小花をいくつか咲かせる。果実は赤く熟し、中に種子が5つある。酸味が強く食用には向かない。

利用[編集]

葉は強い殺菌収れん作用があり、尿路殺菌剤として用いることがある[1]。日本薬局方に生薬「ウワウルシ」として収録されている。最近では、メラニン抑制効果が認められたことから、化粧品に配合されることが多い。[2] 主成分はアルブチンエラグ酸などのタンニンなど。尿路消毒薬の原料としても使われる。

アメリカインディアンはこれらのハーブを混ぜてタバコとして喫煙する。煙にも爽やかな酸味が感じられる。アメリカインディアン居留地などで、お土産として購入可能。

匍匐性の植生から、園芸ではカバープランツとして利用されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ジョンソン et al. 2014, pp. 270-273.
  2. ^ 主にアルブチンのグルコース結合をβからαに変換して配合されている。天然と書かれているものはβ結合のまま配合されている。

参考文献[編集]

  • レベッカ・ジョンソン、スティーブン・フォスター、ティエラオナ・ロウ・ドッグ、デビッド・キーファー 『メディカルハーブ事典』 関利枝子、倉田真木訳、日経ナショナル ジオグラフィック社、2014年ISBN 9784863132726