クッタ・ジュコーフスキーの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クッタ・ジュコーフスキーの定理(クッタ・ジュコーフスキーのていり、: Kutta–Joukowski theorem)は、ドイツのマルティン・ヴィルヘルム・クッタ (Martin Wilhelm Kutta 1867-1944) とロシアのニコライ・ジュコーフスキー (Nikolai Zhukovsky 1847-1921) (またはJoukowski) により20世紀の初頭に提出された、揚力について、飛行機などと、変化球などのマグヌス効果を、統一的に説明する定理。

概要[編集]

流体中の物体が揚力を発生する原理は、その周囲に発生する循環流にあることによるとする。しばしば「」といわれるが竜巻のような空気の渦ではない。 揚力が上向きのとき、物体の上面側の流れが速くて時間が短く、下面側が遅くて時間が長いのを、上面側は流れの方向で下面側は逆方向で戻る、(仮想)回転流があると考える。

この理論によれば発生する揚力は、空気密度、速度、循環、の関数として求められる。

脚注・出典[編集]