クック郡病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg クック郡病院
Cook County Hospital.jpg
情報
正式名称 ジョン・H・ストロンガーJr記念クック郡病院
英語名称 John H. Stroger, Jr. Hospital of Cook County
標榜診療科 総合
許可病床数 464床[1]
開設年月日 1901年
所在地
アメリカ合衆国の旗イリノイ州シカゴ市西オグデン街1969号
位置 北緯41度52分20.9秒
西経87度40分27.4秒
PJ 医療機関
テンプレートを表示

ジョン・H・ストロンガーJr記念クック郡病院(-ジュニアきねんクックぐんびょういん、John H. Stroger, Jr. Hospital of Cook County)は、イリノイ州シカゴにある公立総合病院クック郡保健病院機構(Cook County Health & Hospitals System)の旗艦病院である[1]。またティーチングホスピタルでもあり、同敷地内にはラッシュ医科大学英語版シカゴ医科キャンパス(ロザリンド・フランクリン医科大学シカゴ校)が存在する[1]

概要[編集]

公立・教育病院・大病院であり、健康保険を持たない患者も訳隔てなく受け入れることから、低所得者層の駆け込み寺的な存在となっていると言う。救急外来受診者は年間11万人以上、小児科救急は4.5万人以上にもなる[1]。スタッフドクターは300人以上、レジデンシーおよびフェローは400人以上[1]

1901年創立。 ハリースタック・サリヴァンがシカゴ医学校時代に本病院で研修をしたといわれている。

旧館はロマネスク様式で市民に親しまれていたらしく、シカゴの名所や祭りを散りばめた映画「逃亡者」(1993年)でも、主人公が潜伏し真犯人への手がかりをつかむ場として登場している。

ドラマ「ER」との関係[編集]

ドラマ「ER緊急救命室」が日本に紹介された当時は、「シカゴのクック郡病院が舞台」とされていたが、その後この設定は撤回されたらしく、「カウンティー総合病院という架空の病院が舞台」と言う設定に変更されている。しかし、キャロルが患者を探して病院の敷地外に出るシーンなど、病院の外観が映るシーンではクック郡病院の外観が使用されている。ただ、救急外来の間取りは大きく違っている。

関連項目[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ a b c d e About Us”. John H. Stroger, Jr. Hospital of Cook County. 2015年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]