クックソニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クックソニア属
Cooksonia pertoni
Cooksonia pertoni
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
シルル紀 - デボン紀
分類
: 植物界 Plantae
: リニア門 Rhyniophyta
: リニア綱 Rhyniopsida
: リニア目 Rhyniales
: クックソニア属 Cooksonia
学名
Cooksonia
タイプ種
Cooksonia pertoni
  • Cooksonia pertoni
  • Cooksonia paranensis
  • Cooksonia banksii

クックソニア学名: Cooksonia)は、古生代シルル紀中期からデボン紀前期に生息した陸上植物である。 学名は、オーストラリアの著名な古植物学者 であるイザベル・クリフトン・クックソン(1893〜1973)にちなんで命名された。

高さは数センチメートルほどしかなかったが、の先端にトランペット型をした胞子嚢を持っていたとみられている。 初めて海から陸上に進出した生物の1つであり(厳密には、地衣類と細菌が最初の進出者)、そのため乾燥から守るための機能を備えていた。 例えば、維管束を持っていたため、地中から水と栄養を吸収することが出来た。 また、蝋質のクチクラ層を持っており、植物体内部の水分の蒸発を防いでいた。 しかし、防水性のクチクラは水分を留めることに長けている反面、空気中の気体を植物中に取り入れることを妨げてしまうため、ガス交換を効率よく行うための器官である気孔を発達させたことが、化石から分かっている。 陸上を開拓した先駆者であり、2011年現在までにおいて確認された陸上植物の中では世界最古のものである。 維管束植物の祖先。

下位分類[編集]

  • Cooksonia pertoni – この属のタイプ種である
  • Cooksonia paranensis
  • Cooksonia banksii

さらにこの3も属する可能性があるが、確実ではない。

  • Cooksonia hemisphaerica
  • Cooksonia cambrensis
  • Cooksonia bohemica

大衆文化[編集]

BBC制作『ウォーキングwithモンスター〜前恐竜時代 巨大生物の誕生』で、陸上に生育している様子が見られる。陸上に進出した最初の植物と説明され、後々大森林を形成していくと語られた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]