クイル地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クイル地方
Kouilou Department
Kouilou in Congo.svg
行政首都 ヒンダ
面積 13,650km²
人口(2010) 84,165人
人口密度 6/km²

クイル地方(Kouilou Department)は、コンゴ共和国の地方。

行政首都はポワントノワールだったが、2004年にポワントノワールが地方と同等の地位に昇格し、クイル地方から離脱したので、現在はヒンダである。
ポワントノワール離脱前の面積は13,694km²。

国土の西端に位置し、西を大西洋に面する。西をニアリ地方、南をアンゴラの飛び地でもあるカビンダ州、北をガボンと接する。
クイルの名称は地方内を流れるクイル川(ニアリ川)からとられた。

下位行政区画[編集]

クイル地方は、6地区から成る。なお、ポワントノワール離脱・再編成前はポワントノワール、マンディンゴ=カイ、ムボウチ、カカモエカの4地区から成っていた。

地区名 人口(2007[1])
ヒンダ Hinda 32,995
カカモエカ Kakamoéka 7,817
マンディンゴ=カイ Mading Kayes 13,290
ムボウチ Mvouti 18,094
ンザンビ Nzambi 3,137
ツチンバ=ンザッシ Tchiamba-Nzassi 16,622

脚注[編集]

  1. ^ Geohive.com

関連項目[編集]