ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト
Guy-Manuel028.jpg
基本情報
出生名 Guillaume Emmanuel de Homem-Christo
別名 Guy-Man
生誕 (1974-02-08) 1974年2月8日(46歳)
フランスの旗 フランスパリ
ジャンル ハウス, ディスコ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター
シンセサイザー
キーボード
ドラムス
ドラムマシーン
活動期間 1992 –
レーベル Crydamoure
共同作業者 ダフト・パンク
ル・ナイト・クラブ
クリダムール

ギヨーム・エマニュエル・"ギ=マニュエル"・ド・オメン=クリスト (Guillaume Emmanuel "Guy-Manuel" de Homem-Christo フランス語発音: [ɡi manɥɛl də ɔmɛm kʁisto]1974年2月8日 - )[1] は、フランス出身のミュージシャントーマ・バンガルテルと共に ハウス /エレクトロデュオ 「ダフト・パンク」の一人として活動している。また、彼の個人レーベルである「クリダムール」から、共同経営者のエリック・シェドヴィルと共にいくつかの作品を制作している。彼とシェドヴィルは「ル・ナイト・クラブ」という音楽デュオを結成している。

生い立ち[編集]

1974年2月8日、パリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌで生まれる。[2]ポルトガル系の一家であり、曽祖父は作家でファシストのオメン・クリスト・フィリォ[3]、高祖父は軍人のフランシスコ・マヌエル・オメン・クリストポルトガル語版[4]。インタビューにて、ギ=マニュエルはおもちゃのギターとキーボードを7歳ぐらいの時に買ってもらい[5]、14歳でついにエレクトリック・ギターを手に入れたことを述懐している。なお、彼は作曲の際には通常ギターを用いると述べている。[6]

経歴[編集]

1987年、ギ=マニュエルは同じ学校のトーマ・バンガルテルと出会う。二人はお互いが1960年代と70年代の映画や音楽、イージーライダーヴェルヴェット・アンダーグラウンドなど[7]をこよなく愛していたことで意気投合する。1990年には二人とローラン・ブランコウィッツ(現フェニックスのギタリスト)で「ダーリン」というインディーロックバンドを結成し、ギ=マニュエルはギターを担当した。イギリスの音楽誌に「ダフト(愚かな)パンク」と酷評され[8][9]、この言葉を気に入ったギ=マニュエルとトーマは、二人の新たなユニット名とした。[9]1992年にとあるクラブに行って以来、二人はダンスミュージックに傾倒しはじめた。ダフト・パンクの1stアルバムである『Homework』のライナーノーツには、ギ=マニュエルがダフト・パンクのロゴの作者として記載されている。

ダフト・パンクにおける創作過程やトーマとの共同制作について、ギ=マニュエルは「トーマは僕よりずっと技術力のある人間だ。僕たちは何だって二人でこなしてる。でも僕の方がもっと距離をおいて見てるし、僕らのやってることを批判的な視点で見てる。僕らはお互いが補完しあって強固な完全体になってるんだよ。」[10]

ギ=マニュエルは、パンプキン・レコードのエリック・シェドヴィルと共にル・ナイト・クラブというグループを結成している。二人はクリダムール(Crydamour、フランス語で愛の叫びという意味の"cri d'amour"に由来する)というレコード会社も設立している。クリダムールでは、ギ=マニュエルの兄弟であるパウル・ド・オメン=クリストも"Play Paul"と称し作品をリリースしている。クリダムールについてギ=マニュエルはこう述べている。

僕自身とトーマは同じ音楽の趣味を持っている。クリダムール用に僕がレコードを作るときは、ダフト・パンクの音楽とは違うスタイルになるようにしている。僕はトーマの好みが何か知っているし、トーマも僕の好みが何か知っている。クリダムールはたとえダフト・パンクとそこまでかけ離れているという訳ではないとしても、それほど生産指向性は強くない。ダフト・パンクで用いる音の素材はもう少し管弦楽的で異なったものだ。僕がクリダムールの為にサンプルを作っているとして、他の誰もダフト・パンクと違いが分からないとしても、僕らはわかる。とても明確にね。[11]

ギ=マニュエルはセバスチャン・テリエの2008年のアルバム『Sexuality』を、[12]2010年にはフランス人ハウス・アーティストのカヴィンスキーの『Nightcall EP』をそれぞれプロデュースしている[13]。さらに、2012年にはテリエのアルバム『My God Is Blue』の制作に携わり、「My Poeidon」という楽曲を制作した。

ディスコグラフィー[編集]

ル・ナイト・クラブ名義[編集]

シングル
  • "Santa Claus / Holiday on Ice" (1997)
  • "Intergalaktic Disko" (1997)
  • "Troobadoor / Mirage" (1998)
  • "Boogie Shell" (1999)
  • "Hysteria" (1999)
  • "Gator / Chérie D'Amour" (2001)
  • "Doggystyle / Rhumba" (2002)
  • "Nymphae Song / Rhumba" (2002)
  • "Soul Bells" (2002)

Crydajam名義[編集]

シングル
  • If You Give Me The Love I Want / Playground / Loaded|"If You Give Me The Love I Want" / "Playground" / "Loaded" (2002)

The Eternals名義[編集]

シングル
  • "Wet Indiez (Shake That Bourrelet Remix)" (2000)

プロデュース作品[編集]

  • Waves (2000)
  • Waves II (2003)
  • セバスチャン・テリエ『Sexuality』 (2008)
  • カヴィンスキー『OutRun』 (2013)

参照[編集]

  1. ^ Daft Punk Musique Vol. 1 official website. Archived from April 10, 2006.
  2. ^ Perron, Erwan, and Gancel, Alice (2013年4月7日). “Daft Punk, interview-fleuve pour la sortie de Random Access Memories” (French). Telerama. telerama.fr. 2013年4月7日閲覧。
  3. ^ Weiner, Jonah (2013年5月21日). “Daft Punk: All Hail Our Robot Overlords”. Rolling Stone. 2013年5月21日閲覧。
  4. ^ http://www.parismatch.com/Culture/Musique/Le-vrai-visage-de-Daft-Punk-549279
  5. ^ Daft Punk interview in Japan (1/2) Retrieved on November 14, 2012.
  6. ^ Bryan Reesman, Daft Punk interview mixonline.com. Retrieved on March 6, 2007.
  7. ^ Matthew Collin, "Do You Think You Can Hide From Stardom?" Mixmag (August 1997) (archived at techno.de)
  8. ^ "Review of Shimmies In Super 8." Melody Maker Apr.-May 1993: n. pag. Web. 6 Apr. 2013.
  9. ^ a b Darlin' biography at Discogs. Retrieved on February 20, 2007.
  10. ^ Blurt, "Encounters of the Daft Kind" (September 2008) pgs. 28-29. Retrieved on July 26, 2009.
  11. ^ http://remixmag.com/mag/remix_robopop
  12. ^ Sébastien Tellier's Official MySpace MySpace. Retrieved on October 19, 2007.
  13. ^ http://isoongs.com/2010/03/kavinsky-%E2%80%93-nightcall-ep/

外部リンク[編集]