ギャルマト・ボグダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ギャルマト・ボグダン(Gyarmath Bogdan、1968年12月30日 - )は、ルーマニアブカレスト出身の東映アニメーション所属のプロデューサー。

略歴[編集]

ハンガリー人マジャル人)の父、ルーマニア人の母を持つ二重国籍。首都ブカレストで生まれ育つ。幼少期に流入し始めた西側の文化に触れ、特に『カリメロ』『シンドバッドの冒険』などの日本のアニメに熱中するようになる。

ブカレスト大学で比較文化論を学び、1989年のルーマニア革命に参加、チャウシェスク政権を打倒。その後危険人物として当局にマークされ、国を追われることとなり、父の祖国ハンガリーに移住。ブダペスト大学で日本文化を学ぶ。

1992年春に留学生制度を利用し来日、千葉大学で大学院まで7年間日本文化や工芸を学ぶ。1998年にスポーツジャーナリストの小松成美と結婚。芸能プロダクションなどに勤務し、通訳や翻訳家を経て、2006年あるパーティーで出会った東映アニメーションの清水慎治に誘われアルバイトとして採用。何度も提出した企画が通り、2007年秋に『はたらキッズ マイハム組』としてテレビアニメ化された。2008年に東映アニメーションに正式入社。

日本語ドイツ語英語フランス語などを7カ国語を話し、『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』のパリでの現地取材では現場責任者として交渉に臨んでいる。

プロデュース作品[編集]

連載[編集]

  • 「世界の常識を疑え」(『WiLL』)

参考文献[編集]

  • 「ルーマニア革命戦士日本でアニメプロデューサー転身」、スポーツ報知、2007年10月6日
  • 「人物語 異国の風 元革命闘士 夢のアニメ」、読売新聞、2011年2月20日、朝刊社会面

脚注[編集]

  1. ^ 東映プロデューサー・冨永理生子との共同プロデュース。  東映アニメーションプロデューサー ギャルマト・ボグダンさんインタビュー!”. TezukaOsamu.net. 2013年12月20日閲覧。
  2. ^ 番組プロデューサーコメント,暴れん坊力士!!松太郎テレビ朝日公式サイト,2014年2月24日

外部リンク[編集]